【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

東九州の伊勢エビ最高!

本紙掲載日:2016-09-03
8面
試食会で出された伊勢エビのお造り。新鮮そのもの
ご長寿お祝いプレゼントの公開抽選会

伊勢えび海道・伊勢えび祭り

◆開幕を記念し試食会

 日豊海岸取れの伊勢エビをアピールする「東九州伊勢えび海道・伊勢えび祭り」がきのう始まった。開幕を記念して昨夜、延岡市北浦町で試食会があり、同市と大分県佐伯市の市長、観光協会長ら4人が今季最初の伊勢エビを味わった。

 当日朝、目の前の漁港で水揚げされた伊勢エビのお造りとみそ汁、沖ゴチョ(カサゴ)の空揚げなど12品のコース料理(税別6000円)を、参加店の「丸金」(睚人光店主)が提供した。

 4人は「今年は1万5000食を売り上げよう」(昨年は1万4372食)と目標を掲げながら乾杯。まだピクピクと触覚が動いている伊勢エビの身を舌に乗せ、その濃厚な甘みを堪能した。

 他県の産地を食べ歩いている西嶋泰義佐伯市長は「他地域の伊勢エビは味が淡泊。佐伯から延岡のものが一番濃厚でうま味がある」と断言する。首藤正治延岡市長は「全国で一番おいしい伊勢エビがここにあるともっとPRしなければ」と話した。伊勢エビは波が荒れている方が取れるといい、台風通過後に入荷量が増えそう。

 今年の同祭りには延岡7、佐伯23の計30店舗が参加。海道筋で取れたものだけを使う、冷凍物は使わないなどのルールを守り、コース料理を食べた人に「海道札」(特典付きアンケートはがき)を進呈する。11月30日まで。

 参加店一覧のパンフレットは、各観光施設に置いてある。

 問い合わせは、北浦臨海パーク観光案内所(電話延岡24・5280)へ。


◆ご長寿お祝い当選者決まる

 「東九州伊勢えび海道」の敬老企画「ご長寿お祝いプレゼント」の公開抽選会は昨夜、試食会に先立って行われ、当選者8組が決まった。

 お年寄りに子や孫からペア食事券を贈ろうという企画。宮崎、大分両県と福岡県から106通(昨年99通)の応募があった。試食会に出席した4人が2通ずつ引いた。

 当選者の内訳は大分市4、佐伯市1、由布市1、福岡県1、宮崎県川南町1。宮崎県北からは残念ながら当選がなかった。

その他の記事/過去の記事
page-top