【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

特殊詐欺、悪質商法自分たちで防ぐ

本紙掲載日:2016-09-03
3面
「見守りサポーター」の役割を学ぶ延岡市さんさんクラブの受講者

延岡市さんさんクラブ連合会

◆高齢消費者被害防止−見守りサポーターを養成

 高齢者を狙った特殊詐欺や悪質商法などの被害が後を絶たない中、延岡市さんさんクラブ連合会(宮本良治会長)は「高齢消費者被害防止・見守りサポーター」を養成し、同世代の会員同士で意識を高めていくことにした。その初めての養成講座が8月29日、市社会教育センターであった。

 同連合会は各地区4人ずつ、計116人の見守りサポーターを配置。サポーターは詐欺の手口や不要な勧誘の断り方、相談窓口など被害防止に必要な知識を学んで、ことあるごとに会員や周囲の人たちに伝えていく。

 また、被害に遭ったり遭いそうになっている人にいち早く気付いて声を掛けるとともに、消費生活センターや警察など関係機関につなぐまでの役割を担う。

 サポーターは、全国老人クラブ連合会を通じて各地で養成。県内では延岡、宮崎、都城の各市連合会をモデル地区として普及させることになっているという。

 この日の養成講座では宮本会長が受講者にサポーターの役割を説明後、県消費生活センター延岡支所の担当者が、消費者トラブルの現状を説明。

 相談件数は延岡だけでも年間1800件に上るといい、悪質業者による押し売りや架空請求など、高齢者から相談が多いトラブルの内容や手口を紹介し、同センターによる出前講座の活用を勧めた。

 また、受講者は消費者庁制作の映像教材を視聴し、見守りサポーターが携帯する「サポーターハンドブック」の使用法を学習。修了後にはサポーター証が授与された。

 宮本会長は、「振り込め詐欺などは前々から注意が呼び掛けられ、報道もされていますが、なかなか被害がなくならず手口も巧妙化しています。見守りサポーターで被害を食い止めていきましょう」と積極的な活動に期待を込めた。

その他の記事/過去の記事
page-top