【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

七島藺刈り取り−小峰の文化を守る会

本紙掲載日:2016-09-02
3面
七島藺の刈り取りに汗を流す小峰の文化を守る会(1日、延岡市小峰町)
軽トラックの荷台に並べられた七島藺

旧南方村の特産品復活へ−育成4年目、収量増える

 南方村時代の昭和初期に延岡市小峰町の特産品だった七島藺(しちとうい、しっとい)の復活を目指す小峰の文化を守る会(武田義明会長14人)は1日、同町の田んぼで七島藺の刈り取りを行った。

 復活に取り組んで4年目。今年も5月に、町内2カ所の休耕田、合わせて約600平方メートルに七島藺の苗を植え付け、生育を見守った。

 この日は早朝から会員10人が参加。「マムシに気をつけろ」と声を掛け合いながら、赤トンボの飛び交う中を和気あいあいと作業。長いものは2メートルほどに伸びた七島藺草を、鎌を手にせっせと刈り取った。

 今年は天候に恵まれたことと、会員間に管理方法が浸透してきた成果で、例年より収量が増えたという。

 武田会長(88)は「収量が増えたことは去年より大きな前進ですが、茎が細いので裂くときに注意が要ります。太くていい七島藺を生み出すためには、まだまだ努力しなければ」と話した。

 刈り取った七島藺は、製品基準の130センチにそろえて束ね、軽トラックの荷台へ積み込んだ。

 二つに裂いて天日干しにし、ゴザやワラジ、空口(そらくち)などに編み上げる。出来上がった製品は、来年2月の地蔵祭りで地域の人たちに披露する予定。

その他の記事/過去の記事
page-top