【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

新部会長に三雲さん

本紙掲載日:2016-09-01
2面
新役員を代表してあいさつする三雲部会長

JA延岡玉ネギ部会通常総会

◆健全育苗徹底や早期出荷−販売高1億円達成へ一丸

 JA延岡玉ネギ部会(黒田啓睦部会長、120人)は8月26日、延岡市北小路の源太で通常総会を開き、新年度の事業計画などを原案通り承認。任期満了に伴う役員改選もあり、部会長に三雲治男さん(73)=同市片田町=を選ぶなどした。任期は2年間。

 平成28年度の収穫量は698トンと前年並みだったが、販売高は7780万円と前年比で約500万円落ち込み、目標の1億円には届かなかった。

 集荷場を無鹿町から塩浜町へ移転し、風乾施設を導入して環境を整えたが、高温や集中豪雨など例年にない天候不順が品質低下につながったという。

 黒田部会長は「気象条件が悪く、秀品率が低かった。ただ生産者の皆さんの努力で思ったより被害は抑えられた」と生産者の日ごろの研さんを強調し、「秀品率アップには健全育苗の徹底が全て。来年は早期出荷と販売促進活動に積極的に取り組み、悲願の1億円を達成したい」と述べ、会員に協力を呼び掛けた。

 JA延岡の山本照弘副組合長は「生産基盤の拡大、販売力の強化に関係機関と一体となって後押しします。当JAの代表ブランド『空飛ぶ新玉ネギ』をメーンに、来年こそ販売高1億円を達成していただきたい」と激励した。

 新年度の事業計画では移植機、収穫機の導入で労力低減を図り、さらなる栽培技術の向上で個人格差をなくすことに全力で取り組むことを申し合わせた。また、収穫量や品質に優れた新品種の比較試験を行うことを決めた。

 席上、長きにわたって部会発展に尽くした前副部会長の寺田勝一さん(78)=同市出北=と井上福美さん(78)=同市小野町=の2人に特別功労者として感謝状を贈り、功績をたたえた。

 新部会長に就任した三雲さんは、「最良質の玉ネギを育てるには生産基盤がしっかりしていないと難しい。また、販売高1億円を達成するには作付面積30ヘクタール以上が必要。これらを踏まえて、部会員一丸となって部会運営に全力で取り組みたい」と意欲的に話した。

 三雲部会長以外の新役員は次の通り。

【新役員】
▽副会長=甲斐淳一、松木寛之、山本英則
▽地区長=黒田啓睦、牧野純由
▽監事=山田博敏、亀長浩蔵


その他の記事/過去の記事
page-top