【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

施策の実現へ職員一丸

本紙掲載日:2016-08-31
1面

首藤市長が行政報告−延岡市議会9月定例会

 首藤正治延岡市長は30日に開会した市議会9月定例会で、平成28年度施政方針に掲げた各種施策の進捗(しんちょく)状況や今後の見通しなどについて報告した上で、「施策の実現に向けて、職員一丸となって取り組んでいきたい」と抱負を語った。

 高速道路網の整備については、北九州市と宮崎市が4月に東九州自動車道でつながったことで観光や産業面の波及効果を期待する一方で、九州中央自動車道に関しては「『蘇陽−高千穂間』はじめ未事業化区間の早期事業化の重要性を強く訴えたい」と話した。

 城山公園整備は、石垣の保全方針などが有識者会議で検討されており、「10月をめどに提言書をまとめてもらう予定」。内藤記念館の再整備は、「歴史・文化の拠点施設となる博物館としての基本設計を今年度中に終えることにしている」と見通しを述べた。

 二ツ島地区津波避難タワー整備については「実施設計が完了し、10月から建設工事に着手する予定」。新しい子育て支援の拠点となる「(仮称)子どもの城」に関しては、「基本構想・基本計画策定業務の委託業者が決定。求められる機能や役割の検討など、計画的に進めている」と説明。

 新庁舎建設工事の進捗状況は、2期分となる低層棟(2階建て)の躯(く)体工事が完了し、内装工事や電気・空調・給排水衛生設備工事、外構工事などが行われている現状を話した上で、「10月末の完成に向けて工事を進めている」とした。

 第6次長期総合計画のリーディングプロジェクトである「延岡新時代創生総合戦略」を着実に推進するための新たなチャレンジとして、特に大分県佐伯市と食の魅力を生かした地域活性化に取り組む「東九州バスク化構想」を挙げ、取り組みや推進体制の構築など現状を示した。

 このほか、交流連携のまちづくりや移住の促進、地場企業の振興、観光の産業化、農業振興、地域医療体制の充実、学校教育の充実と施設整備、効率的な行政運営、JR延岡駅周辺整備など各種施策の取り組みの現状などについて報告し、取り組みに対する理解と協力を求めた。

その他の記事/過去の記事
page-top