【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

東海漁協、河川を一斉清掃

本紙掲載日:2016-08-30
2面
東海漁協の河川一斉清掃(延岡市東海町)

地区の人も協力きれいな漁場に−延岡

 延岡市の東海漁業協同組合(内田裕之組合長)はこのほど、友内川を含む北川水系の河川一斉清掃を実施した。

 希少なアカメが生息する北川や、コアマモが繁茂して小魚が豊富に生息する友内川を、ごみの不法投棄や家庭排水などの汚染から守ろうと、毎年7月恒例の奉仕作業として継続している。

 この日は組合員だけでなく、流域の住民ボランティアを含む約300人が参加。同市差木野町から東海町の河口付近にかけて9地区に分かれ、持参した刈り払い機や鎌で除草、ビニール袋を手にごみや空き缶などを拾い集めた。

 少しでも厳しい暑さを避けようと、予定よりも早い時間から作業。それでも、先日の大雨による増水で川岸に堆積した流木の撤去などもあり、参加者は大粒の汗を流しながら作業を続けた。

 用意した軽トラック16台の荷台は、集められたごみや刈り草などですぐにいっぱいとなり、集積場を往復して回収していた。

 内田組合長は「リバーパル五ケ瀬川(河川学習館)や学校の生徒さんたちによるさまざまな河川保護活動などもあって住民の方への理解も広がり、近年は川も環境も回復してきました。汽水域の貴重な生物を守るため、今後も清掃活動を続けていきたい」と話している。

その他の記事/過去の記事
page-top