【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

上中尾線10月1日から本格運行−乗り合いタクシー

本紙掲載日:2016-08-29
3面

実証実験で日常生活に必要−延岡市

 延岡市地域公共交通会議(会長・中村慎二同市企画部長)が23日、市役所で開かれた。公共交通空白地解消のため新設された乗り合いタクシー「上中尾線」(北方町)で6月から実施している実証運行の結果が示され、需要や利便性の高さから、現行の運行形態で予定通り10月1日から本格運行することに合意した。

 乗り合いタクシー「上中尾線」は、北方町の上中尾地区(藤の木)−うそ越、曽木−南久保山−川水流の19・2キロ。上中尾や岩屋ケ平、小中尾地区は公共交通の空白地帯で、地元住民から乗り合いタクシー運行の要望があったため路線を新設し、本格運行を前に9月末まで実証実験を行っている。

 同路線は、毎週月曜日に乗車定員10人のジャンボタクシー車両が1往復している。行きは上中尾公民館を午前8時発、帰りは北方医院を正午発。運賃は大人(高校生以上)が1乗車100円、中学生以下は無料。市の委託を受けた同市北方町の「あさひ観光バス」が運行している。

 実証運行の結果については6、7月分が報告され、利用状況は1便あたり7・1人(6月=6・8人、7月=7・7人)。運転をしない高齢者の通院や買い物など日常生活に必要で、需要が高い路線であることから、現行の運行形態で10月1日から本格運行に移行することにした。

 同会議は、平成18年10月の道路運送法の一部改正に伴い、コミュニティーバスや乗り合いタクシーなど地域公共交通の導入や廃止、運行ルートや運賃の見直しなどの変更を行う際は、関係機関や利用者の合意が必要となったことから、協議の場として設置されている。

◆夏休み限定割引制度利用者前年上回る−まちなか循環バス

 夏休み限定で小学生の運賃を無料化するまちなか循環バスの割引制度について、今月1日の開始以降の内・外回り合計で、前年度を大きく上回る1050人(19日現在)が利用したとの途中経過も報告された。同バスの通常の運賃は1乗車100円。割引制度は8月31日まで。

その他の記事/過去の記事
page-top