【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「延岡花物語」実行委員会始動

本紙掲載日:2016-08-26
1面
大勢集まった実行委員を前にあいさつをする谷平実行委員長

来年2月25、26日このはなウォーク


◆10、11日慧日梅観梅会

 延岡市の早春の観光イベントとして成長してきた「延岡花物語」の実行委員会(谷平興二実行委員長)が、来春の開催に向けて再始動した。第1回実行委員会が昨夜、同市東本小路の中小企業振興センターであり、日程や企画の方向性について情報を共有した。

 日程は、慧日梅(えにちばい)観梅会が2月10、11日、このはなウォークが2月25、26日、ワイワイグルメ博が3月25、26日の予定。

 観梅会は、昨年に引き続き今山恵比須神社の「延岡十日えびす」と日程を合わせて行い、市内七福神巡り実施の可能性を探る。夜間は慧日梅をライトアップする。

 このはなウォークの開催日には、天孫ニニギノミコトとコノハナサクヤヒメの出会いの聖地といわれる愛宕山から野地堤防までの花嫁道中を実現させたい。また、種類の違う稲の配置で絵や文字を描く「田んぼアート」のように、花の色の違いで描くアートを、堤防のそばにつくれないか−−などを今後検討する。

 実行委員会には約60人が出席し、初回から熱を帯びた。谷平実行委員長は「前回の倍の入場者数、バス20台の来場を目指して、仲良く、楽しくやっていこう。一生懸命さが人を動かす。延べ1000人以上の市民が関わって頑張っている延岡花物語が成功しないわけがない」と力強く話した。

その他の記事/過去の記事
page-top