【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

香港、シンガポール−魅力ある市場

本紙掲載日:2016-08-25
3面

県議会海外経済戦略特別委−輸出促進コーディネーターと意見交換

 県議会の海外経済戦略対策特別委員会(田口雄二委員長、12人)は24日、香港とシンガポールの輸出促進コーディネーター2氏と意見交換した。両氏は「どちらも宮崎にとって魅力ある市場」と口をそろえ、引き続き積極的に売れる商品の掘り起こしと販路開拓に努める考えを示した。

 委員の「今後の可能性をどう思うか」の尋ねに、シンガポール輸出促進コーディネーターは「可能性は自らつくるもの。消費者の関心事とマッチさせて宮崎のいい物を見せてファンをつくり、定期的にアプローチすることが非常に大事」と応じた。

 また、PR法について、香港の同コーディネーターは「畑を見たことや土いじりをしたことがない人に、口でいくら『これは本物だ』と言っても効果はない。宮崎の素晴らしい環境の生産現場を写真で見せることで説得力が増す」と強調した。

 この日はまた、農林産品や加工品を輸出する八興商事(日向市日知屋、田北賀也社長)など2企業からも聞き取った。

 同社は県の重点施策の一つ、フードビジネスの振興を具現化しようと平成24年4月、八興運輸の100%子会社として設立。昨年からはシンガポール三越伊勢丹での日本催事の物流を現地法人とともに取り仕切り、1年間に約7億3300万円を売り上げた。

 田北社長はシンガポールまで海上輸送で早くて2週間を要し、賞味期限の短いものは販売期間が制約されるなどの難しさを挙げた上で、「日本産食料品への安全・安心評価は高く、ニーズはある。今後はリーズナブルな商品の開発が望まれる」と見通した。

 同特別委は10月12〜15日の3泊4日で、香港と上海を訪れ、現地市場や本県からの進出企業などを視察予定。


その他の記事/過去の記事
page-top