【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

木造住宅耐震化−補助拡大経費516万円

本紙掲載日:2016-08-25
1面

県議会9月定例会に提案

◆一般会計補正など20議案

 県は8月25日午前、9月2日開会の県議会定例会に今年度一般会計補正予算案など20議案を提案すると発表した。一般会計の補正額は75億6942万円で、防災拠点庁舎整備事業2021万円、消防団の魅力発信事業250万円、木造住宅耐震化リフォーム推進事業516万円などを盛り込んだ。

 防災拠点庁舎は平成30年度の完成を目指し、実施設計に入っているが、熊本地震を受けて耐震性をより高めるため、柱や梁(はり)を大きくするなど設計の一部見直しに伴う経費増。消防団魅力発信事業は女性や若者向けの勧誘映像を作製し、テレビCMやインターネット動画サイトなどで配信する。

 木造住宅耐震化リフォーム推進事業は昭和56年5月以前に建てられた住宅について、耐震壁の設置など部分的な改修工事でも一定の耐震性を満たせば補助するよう条件を緩和したことに伴う経費増。

 熊本地震以降、搭乗率が低迷する国際3路線(ソウル、台北、香港)の利用促進のため、旅行費用の値引きやキャンペーンなどの実施経費として3570万円も措置した。

 このほか、県総合農業試験場茶業支場(川南町)が品種を誤って、お茶の苗木になる前の穂木約4万9千本を苗木生産業者に提供していた問題で、13個人と1法人に対する補償費として1137万円で和解したことも報告する。

 補正予算が可決されれば一般会計の総額は5937億8444万円となる。

◆県議会9月定例会、2日に開会

 県議会の議会運営委員会は25日午前開き、9月定例会を2日開会、10月7日までの36日間と申し合わせた。

 代表質問は7、8日に行い、自民2人、県民連合宮崎1人、公明1人が登壇。一般質問は9、12、13日の3日間。13人(自民7、県民連合宮崎2、公明1、共産1、愛みやざき1、自民県民クラブ1)が予定する。

その他の記事/過去の記事
page-top