【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

三井滿男さん(延岡)九州予選準優勝

本紙掲載日:2016-08-23
6面
特別養護老人ホーム敬寿園で剣舞「秦紀を読む」を披露する三井さん

剣詩舞全国コンクールへ

 日本吟剣詩舞振興会の全国コンクール九州予選大会が7月に長崎県で開かれ、剣舞の一般2部(55歳から69歳まで)で延岡市平原町の三井滿男さん(68)が準優勝した。9月18日に東京の笹川記念会館で開かれる全国コンクールに進む。

 剣詩舞は、吟詠(録音)に合わせて舞うもので、刀かやりを持って舞う「剣舞」と、扇を持って舞う「詩舞」がある。この2部門に計約100人が参加。幼年、少年、成年、一般1部、同2部、同3部と年代で分かれたカテゴリーのそれぞれ上位2人が本選出場者に決まった。

 三井さんは、旭化成ベンベルグ工場動力部に勤務していた28歳の時、職場の仲間と詩吟を始めた。翌年から剣詩舞を始め、水峰流の日向梅峰さん(宮崎市在住)に師事している。

 健康にいいことや、詩を踊りで表現できるところに魅力を感じるが、何よりうれしいのは、福祉施設などで披露して、見る人に喜ばれることという。52歳で旭化成を退職した後、介護職に15年従事していた影響が大きい。「そのために新曲を習い、うまくなりたいと思う」と三井さん。

 コンクールにも「上達のため」と、剣詩舞を始めた年からほぼ毎回挑戦してきた。昨年は3位で一歩及ばず、今回初めて、全国大会出場権を手にした。

 新井白石の漢詩「秦紀を読む」を舞う。「入賞は考えられないが、全国大会の雰囲気を味わえることと、全国レベルの舞が見られることが楽しみ」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top