【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

18・19歳の投票率33・61%−県選管

本紙掲載日:2016-08-23
1面

当日の新有権者数2万2008人

 7月10日投開票の参院選で新たに有権者となった18歳と19歳の投票率について、新有権者2万2008人中7397人が投票の33・61%だった。全体の投票率49・76%を16・15ポイント下回った。県選管がまとめた。

 県選管は参院選宮崎選挙区で新たに有権者となった18、19歳の全数調査を実施。18歳は当日有権者数1万1649人中4489人が投票の38・54%。19歳は1万359人に対し2908人が投票し28・07%だった。18歳と19歳に10・47ポイントの差があった。

 市町村別では西米良村の88・89%(18人中16人)が最も高く、次いでえびの市の50・80%(311人中158人)、綾町の47・45%(137人中65人)と続く。逆に最も低かったのは門川町の25・96%(389人中101人)。有権者が最も多い宮崎市は33・84%(8310人中2812人)だった。

 このほか、県北は延岡市28・64%(2538人中727人)、日向市29・07%(1290人中375人)、諸塚村43・24%(37人中16人)、椎葉村26・19%(42人中11人)、美郷町42・11%(95人中40人)、高千穂町31・66%(199人中63人)、日之影町30・99%(71人中22人)、五ケ瀬町27・96%(93人中26人)。諸塚村と美郷町を除く7市町村で18、19歳の全体投票率を下回った。

 県選管は70年ぶりに選挙権年齢が引き下げられて初めての国政選挙に向け、一部高校での模擬投票など啓発活動に取り組んできた。延岡市選管でも期日前投票立会人と投票日当日の投票立会人に18歳以上の高校生配置や、九州保健福祉大学に期日前投票所を開設するなどしてきた。

 県選管は「全体の投票率には及ばなかったが、18歳単独でみたときに20代前半や19歳と比べて高い。主権者教育の効果が一定程度あったと考えている。今後も主権者教育を受けていない世代への啓発を考えていきたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top