【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

好機生かし勢い−太陽延岡

本紙掲載日:2016-08-22
9面
【決勝・太陽延岡―ドリームキッズ】太陽延岡は後半18分、工藤が3点目を決める

第32回夕刊デイリー新聞社旗ベガルタ仙台杯東九州ジュニアサッカー大会・フリーキック

◆勝利への気概示す

 優勝を告げるホイッスルが鳴っても太陽延岡イレブンに笑顔はなかった。主将の工藤珠凜は「優勝はできたが、内容がなかった。もっと点を取りたかった」。快勝にも決して喜ぶことはなかった。

 決勝はこれまでと少し違った。立ち上がりからボールを保持できず、相手のパスワークにリズムをつくれない。押され気味の時間が続いたが、前半15分、酒井晴斗のパスに右サイドにいた山口珠門が反応。「パスが良かった。コースは少なかったが狙ったところに打てた」。少ない好機をものにした。

 これでチームは勢い付いた。後半2分には山内総士朗が「(酒井)晴斗君が相手守備の裏にパスを出してくれた。決めるだけだった」。長い距離を走って左サイドでパスを受けると、そのままゴール左隅へ決勝点。試合終了間際には工藤が「時間がなかったので1点取れば優勝が決まると思った。ロングボールを最後まで諦めずに追いかけられた」とダメ押しの3点目を挙げた。

 それでも、中野洋介監督は「守備での寄せが甘く相手に押し込まれて下がってしまい、ロングボールを裏に送るだけの攻撃になっていた。まだまだ」と厳しい評価。選手たちも「内容がなかった。内容があったら勝ったときに笑顔が出たはず」と満足する様子はなく、指揮官の高い要求を理解する。

 11月の全日本少年サッカー大会県大会の頂点を狙う。中野監督は「パスをつないで、ポゼッションを取るというのがうちのスタイル。それをした上で、どうやって点を取るのかというのが大事になってくる」。工藤は「暑い中での試合で後半疲れた。しっかりと体力を付け、全員攻撃、全員守備を徹底して勝ちたい」と力を込めた。

その他の記事/過去の記事
page-top