【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

カルロス菅野さん演奏指導

本紙掲載日:2016-08-20
7面
カルロス菅野さんから演奏指導を受ける門川中吹奏楽部の部員たち

熱帯JAZZ楽団ライブを前に

◆10月1日、門川中・高吹奏楽部と共演

 ラテンジャズビッグバンド「熱帯JAZZ楽団」のプロデューサーでパーカッショニストのカルロス菅野さんは8〜10日の3日間、門川町の中・高校生らに演奏指導をした。10月に同町であるコンサート「熱帯JAZZ楽団LiveinKadogawa」を前に行った。

 このうち、門川中吹奏学部(屋代美珠部長、部員53人)の演奏指導は9日、同校音楽室であった。部員たちは門川高吹奏楽部の部員と共に、10月の公演で同楽団と一緒に演奏する予定になっている。

 演奏曲は「September」。カルロスさんによると、同楽団のライブでは、この曲のイントロを合図に観客は立ち上がり、踊り始めるという。カルロスさんは「みんなも踊る気持ちになって」と呼び掛け、演奏に合わせ踊って見せるなど、曲のイメージや一体感を部員たちに伝えた。

 また、譜面を追うのに精いっぱいの部員たちに、こう話した。

 「僕たちは譜面通りに演奏するために音楽をやっているわけじゃない。譜面を解釈する自由を持っている」

 「その解釈を表現するために音楽をやっている。そのために今、譜面通りに演奏し技術を身に付けているということを忘れないでほしい」

 歯切れの良いリズムを生み出すためのテクニックなどもアドバイス。屋代部長(3年)は「これまでやったことのない練習で緊張したけれど、とても勉強になりました。本番も頑張りたい」と話した。

 熱帯JAZZ楽団は、日本のインストゥルメンタルシーンを代表するミュージシャン17人を一堂に集めたラテンジャズビッグバンド。

 門川町での初公演は10月1日午後7時から町総合文化会館である。アンコール曲は門川中と門川高の吹奏楽部員が一緒に演奏する予定。

 前売りチケットは大学生以上3000円、高校生以下1000円。当日は各500円増し。クリエイティブセンター門川、延岡総合文化センター、日向市文化交流センターなどで扱っている。1人4枚まで購入できる。

 問い合わせは、主催の門川ふるさと文化財団(簗臉遑僑魁Γ娃娃娃押法

その他の記事/過去の記事
page-top