【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「行け―むらやまー」

本紙掲載日:2016-08-15
3面
序盤、積極的な走りを見せる村山選手に歓声を上げる市民
旭化成向陽クラブでは旭化成陸上部や後援会員がレースを見守って応援した

積極レースに惜しみない拍手

◆1万メートルの村山に声援


 旭化成の村山紘太選手が出場したリオ五輪陸上男子1万メートルのパブリックビューイングは14日午前、延岡市のカルチャープラザのべおかで約50人の市民が声援を送った。村山選手は30位に終わったが、積極的なレースに会場からは惜しみない拍手が送られた。

 村山選手は昨秋、この種目の日本記録を14年ぶりに更新する27分29秒69をマーク。万全でなく力を出せなかった世界選手権(昨夏)の借りを返そうと臨んだ。

 日本代表はそのほか、ゴールデンゲームズinのべおかでも活躍した大迫傑選手と設楽悠太選手。集まった市民にはなじみのある選手たちで、選手たちがスクリーンに映るたびに大きな歓声が上がった。

 村山選手が序盤、4番手に付けるなど集団の前方で積極的なレースを展開する。会場からは「いけー村山」「かっこいい」と声が掛かる。しかし、4000メートル付近で脱落し、後半は苦しい走りになった。会場は、拍手で後押しを続けた。

 レース後の村山選手はさばさばした表情で「もっとペースの変化を練習の中でつけていかないといけない。今回、ちゃんとトレーニングして、いけるかなと思ったけど。まだまだやれることはたくさんある」と出直しを誓った。

 観戦した伊形小5年の延岡南部陸上クラブに所属する河野裕菜さんは「メダルを取るなど活躍するところが見たいと思って来た。結果は残念だったけど、走りは速くて、頑張っていた。私は今、短距離をしているけど、長距離ももっと速く走りたいと思った」と話していた。

 旭化成陸上部後援会のパブリックビューイングは向陽クラブで行われ宗茂陸上部顧問や谷口龍後援会長、陸上部員らが応援した。

その他の記事/過去の記事
page-top