【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

水辺空間の再生目指す

本紙掲載日:2016-08-13
2面
起工式で、「穿(うがち)初めの儀」を行う出席者

天真名井で起工式−高千穂

 国土交通省の支援制度に登録されている「神代川かわまちづくり計画」のうち、高千穂町の中心部を流れる神代川沿いにある「天真名井(あめのまない)」周辺の河川改修に向けた起工式がこのほど、現地であり、同省や県、町、地元の人たちら約30人が出席、工事の安全を願った。

 同計画は、平成23年11月に学識経験者や県、町、地元の代表らで発足した「神代川河川再生計画検討委員会」(委員長・杉尾哲宮崎大学名誉教授)が策定し、同26年1月に町に提出。町が同省の「かわまちづくり支援制度」に申請、登録された。

 計画によると、神代川(全長約3キロ)は、同町の浅ケ部集落から町中心部を流れ、五ケ瀬川に注ぐ県管理の一級河川。以前は子供たちの水遊びの場などとして親しまれていたが、昭和40年代、集中豪雨による被害で改修され、コンクリート三面張りとなっている。

 県西臼杵支庁土木課によると、平成31年度をめどに改修前のような水辺空間の再生を目指す考え。今年度は、神代川に架かる本組橋から下流約100メートルの左岸から着手。秋以降、右岸の工事を進め、両岸とも石積みの護岸に整備する。事業費は約6千万円。

 来年度以降については、河床の工事などにも着手する予定。さらに町や住民主体の「神代川かわまちづくり八百万(やおよろず)神の会」と連動し、散策路や植栽など河川敷の緑地化に向けたデザインの検討を進めるという。

 起工式は、県と町、地元の2公民館(本組、町区)が開き、高千穂神社の後藤俊彦宮司による神事で、本組公民館の甲斐勝朗館長(59)らが鎌、鋤(すき)、鍬(くわ)を手に「苅始(かりぞ)めの儀」「穿(うがち)初めの儀」を行った後、神前に玉串をささげて工事の無事を祈った。

 終了後は、近くの神代川児童公園で記念イベントがあり、甲斐館長、内倉信吾町長、同支庁の川添哲郎支庁長が「工事が無事に終わり、この地域を基点に町が活性化していくことを願いたい」、「計画が、まちづくりの起爆剤になることを期待している」、「憩い・交流、学び、遊びの場だけでなく、観光振興にも貢献することを期待したい」とぞれぞれあいさつ。

 このほか、30年近く神代川の河川清掃に取り組む本組公民館女性部(甲斐百合子部長)に県西臼杵支庁から感謝状が贈られたほか、高千穂小学校の6年生約20人が同校と高千穂中学校の吹奏楽部による演奏で、「神代川の清き水」の歌詞で始まる校歌を元気いっぱいに披露。町観光協会のマスコットキャラクター「うずめちゃん」や、県のシンボルキャラクター「みやざき犬」なども登場し、紅白餅を配布した。


記念イベントで、校歌を披露する高千穂小学校の6年生
その他の記事/過去の記事
page-top