【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

食中毒に注意−8月は食品衛生月間

本紙掲載日:2016-08-13
3面
延岡地区食品衛生協会の街頭キャンペーン(提供写真)

協会や保健所、街頭キャンペーンなどで訴え

 8月の「食品衛生月間」に合わせ、県北各地区の食品衛生協会や保健所などは街頭キャンペーンなどを通して、食中毒予防の啓発に力を入れている。

 夏は一年の中で特に食中毒の危険性が高まるため、厚生労働省は8月を食品衛生月間に定め、飲食品の取扱業者や関係事業所、一般家庭に広く食中毒防止を呼び掛けている。

 昨年中に県内で発生した食中毒は14件(うち宮崎市保健所2件は単独集計)で前年より5件増加。患者数は96人で前年から145人減った。

 原因菌別では、青魚などに寄生するアニサキスが5件で最多。感染性胃腸炎の主原因となるノロウイルスも2件検出されたほか、アオブダイの肝臓などに含まれるパリトキシンによる死亡が1件発生した。

 今年に入ってから(7月27日現在)もすでに5件発生。患者数は32人で、アニサキスが3件、鶏肉の刺し身やたたきなどに多いカンピロバクター菌が1件、不明1件となっている。

 県は今年から「最高気温32度以上が継続されると予報される期間」に食中毒注意報を発表することにしており、7月27日の発表以来続いている。

 保健所などは食中毒の予防策として、「清潔(手洗い、調理器具などの殺菌消毒)」「迅速(すぐに調理、すぐ食べる)」「加熱・冷却(殺菌、細菌増殖抑制)」の3原則を徹底するよう呼び掛けている。

 このうち、延岡地区食品衛生協会(高田重幸会長)は2日から順次、地域ごとに生鮮食品店などでの広報パレードを展開している。

 また、今年度からは、認定を受けた協会員が学校などでの出張教室を担う「手洗いマイスター」活動を本格化。衛生管理の優良施設に贈られる「食の安心・安全・五つ星取得店」の拡大を目指すことにしている。

その他の記事/過去の記事
page-top