【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

おもてなし連携会議方針確認

本紙掲載日:2016-08-11
1面

東京五輪事前合宿誘致

◆開会セレモニー「天岩戸開き」採用要望も

 官民48団体でつくる「みやざき東京オリンピック・パラリンピックおもてなしプロジェクト連携会議」(会長・河野知事)は9日、県庁であった。海外チームの事前合宿の誘致方針や、開会式セレモニーでの「天岩戸開き神話」採用の提案・要望などを確認した。

 事前合宿誘致は、日韓共催サッカーW杯でのドイツ代表受け入れ実績を踏まえ、同国の陸上、柔道両連盟がターゲット。また、天正遣欧少年使節の一人で西都市出身の伊東マンショの肖像画がミラノ市で見つかった縁で、イタリアのラグビー協会とも早期の協定締結を目指す。既に知事らが両国を訪れるなどアプローチを開始しており、好感触を得ているという。

 リオ五輪終了後から現地キーマンを通じた交渉を本格化させ、まずは年内の本県視察実現に全力を挙げる。柔道は旭化成時代にモントリオール五輪無差別級で金メダルを獲得した上村春樹講道館長を通じた交渉も行う。

 併せて、ホストタウンによる国際交流事業とも連動させる。現在、ドイツのホストタウンとして国から県と宮崎、延岡、小林市、イタリアのホストタウンとして県と宮崎、西都市の各交流計画が認められおり、しっかり連携する。

 一方、開会式での天岩戸開き神話の再現は、闇夜に光りを取り戻す物語が、東日本大震災や熊本地震被災者に希望の光を届けるとともに、新しい一歩を踏み出した日本の姿を世界にアピールするために最もふさわしいテーマとの願いを込めた。

 実現への布石として、10月16日に國學院大學で「日之影神楽」、同25日に国立能楽堂で「高千穂の夜神楽」を公演する。

 知事は「残り時間はそれほど多くはない。他県との競争もあり、積極的にいろんな展開をしていこう」と呼び掛けた。

その他の記事/過去の記事
page-top