【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

大分隊と合同で安全運転呼び掛け

本紙掲載日:2016-08-10
2面
宮崎・大分県警合同の交通安全キャンペーン

県警高速道路警察隊

 東九州自動車道の北九州―宮崎開通で交通量が増加する中、県警高速道路警察隊は9日、延岡市の道の駅北川はゆまで、大分県警高速隊と合同の交通安全キャンペーンを実施し、安全運転を呼び掛けた。

 宮崎高速隊によると、昨年県内の高速道・自動車専用道で発生した交通事故は452件(人身68件、物損384件)で、死亡事故も1件あった。大分―宮崎開通に伴う交通量の増加で、事故の46%が東九州道で発生。総件数も前年から25件増加した。

 今年は、7月末までに241件。前年同期より減少したものの、東九州道での発生は49%を占め、死亡事故も1件発生。同高速隊は「8月に入ってからは増加傾向にある」と指摘している。

 東九州道は、片側1車線で対面通行の区間が多く事故の重大化が懸念されているほか、脇見などのぼんやり運転によるガードレールや中央分離帯などへの接触、追突事故も相次いでいる。

 北九州間の開通でさらに交通量は増加しており、宮崎・大分両県警は休憩客の多い北川はゆまでの合同キャンペーンを企画。本県からはほかに、官民で組織する県高速道路交通安全協議会、国土交通省延岡河川国道事務所、延岡地区交通安全協会も参加した。

 高速隊員らは、駐車場に入ってくる車のドライバーらに啓発のチラシや扇子、エアクッション、反射材、ポケットティッシュなどのグッズを配布。暑さによる過労運転などに気を付けるよう呼び掛けた。

 高速道交通安全協の黒木康年会長は「東九州道は対面通行区間が多く、より意識啓発が求められる」。宮崎県警高速隊の横山一夫隊長は「一件でも悲惨な事故を減らすよう、全席シートベルト着用、脇見・ぼんやり運転の防止、小まめなライト切り替えなどの呼び掛けに努めたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top