【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

減量化などの必要性学ぶ−延岡

本紙掲載日:2016-08-09
8面
古紙の選別作業を体験する児童たち
アロマキャンドル作りに熱中する児童たち
塵芥車を見学する子どもたち
塵芥車に試乗し1人ずつ記念撮影

夏休みこどもごみ体験ツアー

◆清掃工場を見学−資源物の選別作業も

 延岡市内の児童たちにごみの問題やその現状を理解してもらう「第22回夏休みこどもごみ体験ツアー」が4日、同市クリーンセンター(工藤博所長)であった。市内の小学校のうち11校の4〜6年生の男女合わせて41人が参加。清掃工場内の見学や資源物の選別作業の体験を通して、ごみ分別やリサイクル、減量化の必要性などを学んだ。同センター資源対策課主催。


 冒頭、工藤所長が「体験したり感じたことを家族や友達に話して、リサイクルの輪を広げてほしい。他の学校の子と交流して、友達の輪を広げてください」と呼び掛けた。

 最初に、ごみを収集する塵芥(じんかい)車を見学し、担当職員から1台当たり2・5トンの回収能力があることなどの説明があった。また、ごみを出す時は省エネのために「水切り(水分を減らす)」することが重要で、ごみ減量化のためには「食べ切り(残さず食べる)」と「使い切り(買った物は使い切る)」が大切と強調した。

 リサイクルプラザ「ゲン丸館」では、古紙の選別作業を体験。新聞紙などを束ねたひもをはさみで切り、新聞紙は専用のベルトコンベヤーへ、チラシ類などは指定の場所へ運んだ。

 清掃工場内の見学もあり、巨大クレーンがごみをつかんで運搬する様子を興味深そうに見入っていた。

◆アロマキャンドル作りにも挑戦

 また、リサイクル学習として、廃油やガラス瓶などのリサイクル品を活用したアロマキャンドル作りに挑戦。色フェルトペンでお気に入りの絵やマークを描いたガラス瓶にキャンドルの芯を固定させた後、ミトラスやピーチ、バイオレットの3種のうち、好きな香りのアロマオイルと油固め剤、サラダ油を混ぜたものを注いで、力作を完成させた。

 友達と4人で参加した東海東小学校6年の坂元朔太郎君(11)=同市大武町=は、「古紙の選別ははさみでひもを切ったり、チラシと新聞を分けるところが楽しかった。職員の方が苦労しないように、自宅ではちゃんと分別しようと思いました」と話した。


夏休みこどもごみ体験ツアーに参加した児童たち
その他の記事/過去の記事
page-top