【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「将来について考えよう」

本紙掲載日:2016-08-08
8面
後輩に向けエールを送る大山さん

土々呂中で先輩の声を聞く会−延岡

 延岡市土々呂中学校(神崎勝久校長)で2日、「先輩の声を聞く会」があり、卒業生の高校生3人が、進路決定の理由や学校生活の現状などについて語った。

 先輩高校生の話を聞くことで、進学に対する意欲を高めてもらうことが目的。3回目の今年は、牧野楓君(延岡工2年)、大山愛生さん(聖心ウルスラ学園2年)、吉薗侑未さん(延岡高2年)の3人が〃講師〃として訪れた。

 牧野君は、延岡工に進学した先輩の話やオープンスクールで学校の雰囲気が自分に適していると感じたと話し、「親に決められるのではなく、自分で調べることも大切。自分の将来を考え、延岡工に決めた」。

 大山さんは、カトリックならではの校風や一般と専門学科があり、それぞれにテストの基準点が異なることなどを紹介。「つらいと感じることもあるが、看護師になるという強い意志があるから頑張れる。将来を今のうちからしっかり考え、後悔のないようにしてほしい」と呼び掛けた。
 
 吉薗さんは、中学3年の最後の実力テストで自信喪失した過去を打ち明けた。その際、先生に言われた「あなたの頑張ってきた姿を見てきた。諦めずに頑張って」という励ましの言葉に勇気づけられたという。その上で、「1、2年生は日々の授業と家庭学習が大切。3年生は最後まで諦めず机に向かってください」とエールを送った。

 3人の話を聞いた3年生の川越詠代さんは「学校生活の違いも聞くことができて高校に興味が湧いた。希望校合格のためにもっと頑張らないといけないと思った」と話した。


先輩の話を聞く土々呂中の生徒たち
その他の記事/過去の記事
page-top