【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

県有形文化財指定−「延岡城下図屏風」「城山の鐘」

本紙掲載日:2016-08-05
1面
県文化財保護審が県有形文化財指定を答申した「延岡城下図屏風」と「梵鐘『城山の鐘』」(いずれも延岡市提供)
県教委が県天然記念物指定を諮問した「芝原轟口のアスナロ」(高千穂町教委提供)
高千穂町の「クマガイソウ自生地」

県文化財保護審が答申

 県文化財保護審議会(会長・原田解県民俗学会長、14人)は4日、県庁で開き、延岡市の内藤記念館にある「延岡城下図屏風」(きよたか美術館所有)と「梵鐘(ぼんしょう)『城山の鐘』」(延岡市所有)を県指定有形文化財とするよう県教委に答申した。今月予定の定例教育委員会の議決、県公報の告示を経て正式決定となる。県指定有形文化財は64件となる。

 延岡城下図屏風は、延岡藩主の有馬氏が大きく制作に関与したと考えられる17世紀後半の六曲一双屏風。保存状態が良く、地方の城下を描いた全国的にも貴重な作例という。全部で353人の人物などさまざまな描写からは当時の服装や習俗、建造物など多くの重要情報を知ることができる。

 城山の鐘は明暦2(1656)年に、当時の有馬康純藩主が今山八幡宮に寄進。青銅製で高さ131センチ、口外径79センチ、重さは推定450キロ。装飾も優れ、豪放さと優美さを持ち合わせる。明治11年に時報鐘として城山に移され、昭和38年まで市民に時を告げた。歌人若山牧水の歌にも詠まれる。

◆県教委が諮問−県北3件の天然記念物指定「クマガイソウ自生地」など

 同審議会はまた、県教委から「クマガイソウ自生地」と「芝原轟口(とどろぐち)のアスナロ」(いずれも高千穂町押方)、「アカウミガメとその産卵地」(日向市)の県天然記念物指定の諮問を受けた。

 絶滅危惧種のクマガイソウは4〜5月に桃色の袋状の花を咲かせるラン科の多年生植物。自生地は個人所有のスギ林で約5千株が生育し、県内最大の群生地となっている。事前調査した宮崎植物研究会の南谷忠志会長は「ほかにも多くの絶滅危惧種や稀少野生植物が生育し、スギ林でも維持管理に努めれば種の多様性が十分に保全される好例」と評価した。

 押方から五ケ瀬町桑野内に抜ける街道の途中に立つアスナロは樹齢500〜600年と推定され、西日本最大の幹回り約6メートル、樹高約20メートルを誇る。山道の道標、木陰を作る憩いの木として親しまれてきた。

 アカウミガメ産卵地は、既に宮崎、延岡、日南市、新富、高鍋町の海岸が指定されているが、日向市のお倉ケ浜、金ケ浜海岸も好条件の産卵地として上陸回数が年々増えており、追加指定を求める。

その他の記事/過去の記事
page-top