【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

メニューは「バスク料理」−延学調理科「高校生レストラン」

本紙掲載日:2016-08-04
8面
今回提供したコース料理(左手前が「鶏肉の悪魔風」、右手前が「ピペラード」)
料理を説明する調理科生(左)

地元中学生を無料招待−コース料理でもてなす

 延岡学園高校(佐藤則夫校長)調理科の「高校生レストラン」が2、3日、延岡市大峡町の同校であった。「チケットの競争倍率は〃市内1〃」とも言われる恒例の人気企画。今回は学校の特色を知る機会にしてほしいと、市内全中学校の3年生や教職員、保護者ら約50人を無料で招待し、腕によりをかけたコース料理でもてなした。

 「高校生レストラン」は、通常は3年生の集大成の場だが、今回は1〜3年生の計40人が6月下旬から準備。今年5月に延岡市と大分県佐伯市が発表した「東九州バスク化構想」にちなんでスペインとフランスにまたがる「バスク地方」の料理をテーマとし、延岡や宮崎など地元の旬の食材でメニューを考えた。

 本番では、トマトやピーマンなどを唐辛子で煮込んだ家庭料理「ピペラード」やマスタードを付けて焼く「鶏肉の悪魔風」、タルトケーキ「ガトーバスク」など、バスク地方の料理を独自にアレンジするなどした計6品を提供、来場者から好評を得た。

 参加した東海中3年生の湯浅里菜さんは「見た目もきれいで、いろんな食感を楽しめた。今まで味わったことのない料理ばかりで新鮮だった。プロの料理人が作っているような料理ばかりですごい」と感動しきりだった。

 調理科は27日、北川町のホタルの宿でディナーバイキングを行う予定。3年生の猪股かれんさんは「中学生たちが『すごい』『おいしい』などと喜んでくれていてうれしかった。次のバイキングでも一つ一つ心を込めて料理を作り、お客さまを笑顔にしたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top