【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

29年秋目標に具体化−マラソン大会復活へ

本紙掲載日:2016-08-04
2面
28年度の活動計画などを話し合った合同検討会

かわまちづくり×天下一創ろう会−五ケ瀬川

◆畳堤周辺の整備も

 国交省の支援制度に登録されている「天下一五ケ瀬川アクションプラン」を実践する「五ケ瀬川かわまちづくり検討会」(委員長・杉尾哲宮崎大名誉教授)と「天下一五ケ瀬かわまち創ろう会」の合同検討会が2日、延岡市東本小路の中小企業振興センターであり、マラソン大会の復活や畳堤周辺整備、延岡花物語〜このはなウオーク〜の開催、リバーフェスタのべおかの支援など今年度の事業計画と今後の取り組みを承認した。

 検討会は、国や県、市、区長会連絡協議会など官民16人が委員となって平成24年10月に発足。「良好なまちと水辺が融合した空間形成の円滑な推進」を目的に、川中地区を「回遊できる散策路」、五ケ瀬大橋上流を「文化・自然活動ゾーン」、大瀬大橋下流を「自然の恵み体験拠点」にゾーニング、「自然と歴史、文化を感じる周遊可能なコース」「リバーフェスタなど各種イベントが開催できるよう利活用・整備・維持管理」「アユなど自然の恵みを味わう拠点、自然体験の活動拠点として活用」などとした水辺整備の計画書を策定。

 創ろう会は、その整備計画を実際に推進する実働部隊。計画策定後の同25年5月に発足し、「文化・自然活動」(佐伯卓信・天下一ひむか桜菜の花まつり実行委員長)▽「自然の恵み体験拠点」(廣瀬武男・市区長連絡協議会事務局長)▽「回遊できる散策路」(矢野公一・県建築士会の支部長)の3部会に分け、ハード、ソフト両面の整備に取り組む

 ハード整備では、昨年3月までに大瀬大橋下流左岸側の「自然の恵み体験ゾーン」が完成。食事棟から河川敷に向けて緩やかなスロープ(緩傾斜護岸)を造り、左右岸(古城町、大貫町側)の浅瀬を掘削して流下能力を高め、高水敷に芝生を張って多目的に利用できるよう整備。五ケ瀬、大瀬両川の堤防数カ所に散策路を整備、未舗装箇所を整備するなど散策路の整備を実施した。

 ソフト面では、「畳堤かわまち灯(あか)り」や畳堤周辺の整備、リバーフェスタの支援、河津桜や菜の花の維持管理などを行っている。

 同検討会には、検討会の委員16人と創ろう会の会員28人が出席。杉尾委員長あいさつに続き、創ろう会の各部会が27年度の活動を報告。今年度事業計画と今後の取り組み案を承認した。

 各部会の今後のスケジュールは次の通り。

【回遊できる散策路】
▽マラソン大会の復活=29年秋を目標にマラソン大会復活プランを具体化。実現に向け、散策路の安全性を確保し、草刈りや清掃活動を実施。

▽畳堤周辺整備と畳堤かわまち灯り」の継続=安全なライトアップ方法の改善と開催に合わせ草刈りと清掃活動の実施。

▽河川敷を活用した散策利用=ジョギング、ウオーキング、リハビリなど健康のための日常利用。コース案内人の育成など。

【文化・自然活動ゾーン】
▽延岡花物語〜このはなウオーク=河津桜と菜の花の維持管理の担い手募集。

▽ふるさとの川、五ケ瀬川の魅力再発見=「お父さん、お母さんのための川遊び村」の継続開催と「リバーフェスタのべおか」への継続的な支援。▽年間を通した日常利用=ワンドでの環境学習、バードウオッチングなど自然観察、親水利用できる環境整備方策の検討。

【自然の恵み体験拠点】
▽鮎(あゆ)やなを中心とした観光振興=かわまち交流館の利用方策と建物周辺の一斉清掃活動日の設定。

▽大貫地区改修整備=維持管理の仕組みづくりと年間を通した利用候補者の募集。

▽カヌーツーリングを中心としたまちなかツアー=「まちなかカヌーツーリングin五ケ瀬川」の継続開催。

その他の記事/過去の記事
page-top