【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

延岡「橋の日」−安賀多橋を磨き上げ

本紙掲載日:2016-08-04
3面
「命の橋」の座石には花が手向けられた(安賀多橋北詰め)
約300人が参加した延岡「橋の日」(安賀多橋下の河川敷)
安賀多橋の手すりを磨き、歩道もきれいに清掃

献花やウオーキング

 水郷延岡にふさわしい水辺イベント「延岡橋の日」。4日早くから会場の延岡市安賀多橋には、多くの市民、土木、建設業関係者など大勢の人が集まって、市民生活を支える橋、道路などに感謝した。

 参加者は、安賀多橋の欄干をタオルで拭き上げ、河川敷や堤防では除草作業に汗をかいた。

 延岡大空襲の際に橋の下に避難した人々を橋が守ったことを伝えようと、平成25年に安賀多橋北詰めに設置された「命の橋」の座石も入念に磨き上げ、延岡市華道連盟の有志が花を手向けた。

 清掃が終わるとラジオ体操、同6時30分ごろから、安賀多橋下の河川敷で式典が行われた。

 市仏教会青年部が水郷延岡のさらなる発展と4月の熊本地震、さらには東日本大震災の慰霊・復興を祈願した。さらには延岡大空襲で亡くなった人たちをしのび世界平和を祈念。安賀多橋をウオーキングした。

 来賓の岩本真一副市長は初参加であることを伝え、「早朝から心地よい汗をかいた。延岡にとって橋がいかに身近で大きい役割であるかを考えさせられた。五ケ瀬川の水質は3年連続日本一。市民運動としてさらに広がることを願っている」とあいさつした。

 野中住職は「橋の上から川をながめて感じたのは、草が生い茂って野放し状態。実行委員会で草刈りをしたがボランティアの草刈りでは手に負えない状況。せめて市の中心部は予算をつけて河川の美化に力を入れてもらいたい」と話した。

その他の記事/過去の記事
page-top