【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

笑い一色−第33回日向ひょっとこ夏祭り

本紙掲載日:2016-08-03
6面

全国から過去最多の踊り手

◆6日は119連2211人がパレード

 まちを真っ赤な法被と笑い一色に染める「第33回日向ひょっとこ夏祭り」は5、6日、日向市の駅前交流広場と中心市街地である。メーンのパレードは6日午後6時スタート。今年の踊り手は全国から過去最多となる119連2211人(7月27日時点)を予定しており、熱いパフォーマンスを繰り広げる。小雨決行、荒天時中止。同市主催、同祭り実行委員会(是沢利保実行委員長)主管。

 5日(前夜祭)は、午後6時50分から駅前交流広場ステージで〃笑いの前哨戦〃となる個人戦。「きつね」「おかめ」「ひょっとこ」と、今年新設の「キッズ」の計4部門で演技力などを競う。審査を担当するのは地元の橘ひょっとこ踊り保存会(上山利幸会長)。

 6日(本祭り)は、正午から駅前交流広場ステージで地元ダンスチームなどによるアトラクション。初企画のクイズ大会は午後2時40分から。市の無形民俗文化財「永田のひょっとこ踊り」や同夏祭りに関するクイズを出題し「ひょっとこクイズ王」を決定する。誰でも自由に参加できる。

 メーンイベントのパレードは午後6時にスタートし、8時30分までの2時間半にわたり市街地を笑いの渦に巻き込む。踊り手は全国から過去最多の119連2211人を予定している。

 今年は、中心市街地のパレードゾーン(計7カ所)の仕掛けをグレードアップし、対面で踊る「くねくねの道」、長い距離を踊る「心臓破りの道」を設定している。

 チームワークや技術などに優れた連には、ひょっとこ大賞(賞金10万円)、金賞(同5万円)、銀賞(同3万円)を贈る。観客に選んでもらう「踊り子大賞」もある。


◆是沢利保実行委員長インタビュー

 第33回日向ひょっとこ夏祭りの見どころ、思いなどを同祭り実行委員会の実行委員長、是沢利保さん(46)=是沢印刷代表取締役=に聞いた。

−−昨年から実行委員長を務められています。そもそも同祭りと関わるようになったきっかけは。

家業を継ぐため15年前に関東地方から帰郷し、日向青年会議所に入会しました。そこにいた友人から誘われて実行委員会に加わり、その達成感にすっかりはまってしまって、今年で14年目です。
昨年からは実行委員長という立場になり、人前で話す機会も増えました。良い勉強をさせてもらっています。2年目の今年は自分なりのカラーを出していきたいという気持ちもあって、思い入れは強くなっています。

−−踊り手としての経験は。

実は、ちゃんと人前で踊るようになったのは今年から。きっかけは、高齢者施設などへひょっとこ踊りを届ける実行委員会の訪問活動に自分も参加したいと思ったからです。そして、もう一つ。来年まで実行委員長を務める予定ですが、最後となる来年は、開会式に踊りながら登場するという、ひそかな野望を持っています。

−−今年初めて企画するクイズ大会について教えてください。

「なんで今さら」と思う人もいるかもしれませんが、この祭りはひょっとこ好きが集まる祭りです。ならば、ひょっとこ好きを思う存分アピールしてもらい、真のひょっとこ好きを決めようじゃないか、という企画です。
日向市の無形民俗文化財である「永田のひょっとこ踊り」や、日向ひょっとこ夏祭りに関するクイズを出題します。その場にいる人は誰でも参加できます。予選は◯×で答えてもらい、10人以内に絞ったところで決勝戦となります。6日の午後2時40分から駅前交流広場で行います。ぜひ、たくさんの人に参加していただきたいと思っています。

−−パレードゾーンの仕掛けがグレードアップしているそうですね。

そうです。今年は中心市街地のパレードゾーン(計7カ所)の仕掛けをグレードアップしています。踊り手が対面で踊る「くねくねの道」や、約70メートルもの長い距離を踊り続ける「心臓破りの道」を設定しています。今年は例年の見直しと比べ、かなりの挑戦です。期待してほしいと思います。

−−今年は全国から過去最多の119連2211人の踊り手を迎える予定です。

ありがたいことです。踊り手の皆さんには「この祭りに来てよかった」「この日向で踊れてよかった」と思っていただきたい。観客の皆さんにはたくさん笑っていただき、あすへの活力にしてもらいたい。運営面での不安はありますが、踊り手の人数にかかわらず、心温まる祭りにするという精神は、これからも大切にしていきたいと思っています。

−−最後に、意気込みをお聞かせください。

クイズ大会やパレードゾーンの仕掛けなど、新たな試みが果たしてうまくいくのか、当日の天候は大丈夫なのか、心配は尽きませんが、本番を前に今、約90人いる実行委員会メンバーが最後の追い込み作業に当たっています。漏れやミスのないよう気を引き締めて本番に臨みたいと思います。

その他の記事/過去の記事
page-top