【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

初年度達成率は6割

本紙掲載日:2016-08-03
1面

子育て応援プラン−個別成果指標

 県は2日、「みやざき子ども・子育て応援プラン」(27〜31年度)の初年度実績について、総合成果指標は2項目ともクリアしたものの、個別成果指標は44項目のうち25項目(56・8%)の達成にとどまったと発表した。2日の「子育て応援本部会議」(本部長・河野知事)で報告した。

 同応援プランは、「地域全体で子育てを支える社会づくり」「ライフステージに応じた希望が叶(かな)う社会づくり」など四つの基本目標を掲げ、地域の子育て力の強化、安心して結婚、妊娠、出産ができる環境の整備などを推進する。

 総合成果指標では、合計特殊出生率(一人の女性が生涯に何人の子どもを産むかを表す数値)が1・72と目標通りを達成し、全国順位でも沖縄、島根県に次ぐ3位につけた。子どもの平均理想数と平均予定数の差も0・33人の目標に対し0・18人と、初年度時点で最終年度目標値(0・30人)を上回った。

 個別成果指標では、子育て県民運動推進協議会参加が293団体、縁結び応援団が行う結婚支援イベント参加者も2388人と大きくクリア。一方で、子育て応援サービス店の登録店舗数は1200で、目標の1222に届かなかった。未達成は計11項目に上り、残りの8項目は数値未確定で判断できなかった。

 また、教育・保育施設など従事者の需給実績は保育教諭が98人、保育士が44人といずれも不足。国の補助制度を活用した処遇改善、保育士のスキルアップ研修の充実などが急がれる。

 会議では、近年1万人前後で推移の出生数が27年は9226人まで落ち込み、28年は9000人を割り込む見通しも示された。若い女性が減っていることが大きいとして、男性も含めて県内に定着させる取り組みの必要性を改めて共有した。

その他の記事/過去の記事
page-top