【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

子どもの心の健康に焦点

本紙掲載日:2016-08-02
2面
発表した沖田さん
延岡市学校保健研究大会の冒頭に行われた表彰式

当面する課題を研究−延岡市学校保健研究大会

 「第63回延岡市学校保健研究大会」が7月31日、延岡総合文化センター大ホールであった。市内の公立幼稚園や小中学校の園児、児童、生徒、教職員の健康管理に関わる医師、歯科医、薬剤師、養護教諭、栄養教諭、保健主事、PTAらでつくる同市学校保健会(金井一男会長)と市教委が、学校保健の当面する課題を研究しようと毎年1回開いている。

 今年は子どもの心の健康に焦点を当てて発表や講演を行い、約1000人が参加した。

 金井会長は「ストレス社会は大人に限らず子どもも同じ。しかも子どもはストレスを対処する能力が未完成だ。この大会を通じて、子どもの心を推し量る力が身に付くことに近づければ」とあいさつ。笠江孝一教育長は「児童生徒の健やかな成長のためにさらなる協力をいただきたい」と話した。

 発表者は西階幼稚園教諭の沖田智代美さん。同園では園庭の登り棒、うんていなどの遊具を使って、園児の運動機能の発達を促すとともに、自尊心を育てる取り組みをしている。また、運動会では「かけっこリーダー」「バルーンリーダー」など、すべての園児が一役ずつ担うように工夫している。

 「登り棒やうんていでは年齢に応じて目標を決め、それに到達できれば〃チャンピオン〃になり、みんなの前で自分の名前を言うようにしている。子どもたちは誇らしげに名前を言う。このような小さな成功体験が自信を生み、自尊心になる」と話した。

 記念講演では、宮崎市の「Brain−MentalLaboratoryこころの相談室」代表あだちあきひこさんが「子育て&教育に生かす脳科学からの情報〜脳がわかればやさしくなれる」と題して話した。

 また、会の冒頭に表彰式があり、学校保健の向上に寄与した林田中さん(眼科医)、染矢哲郎さん(歯科医)、長谷川智久さん(薬剤師)の3人を表彰した。

その他の記事/過去の記事
page-top