【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ミャンマー経営者、延岡に学ぶ

本紙掲載日:2016-08-01
3面
昼食を共にしながら楽しく会話するミャンマーの企業経営者と旭中学校生徒

旭中で歓迎セレモニー、生徒がおもてなし

 ミャンマーの企業経営者ら約20人が7月29日、延岡市を訪れた。2日までの日程で滞在。ホームステイで市民と交流しながら、企業訪問などを通じて経営管理を学んでいる。商談会なども予定。国際協力機構九州国際センター(JICA九州)が実施する経営人材育成研修の一環で来日した。

 旭中学校(谷口史子校長、222人)で歓迎セレモニーがあり、生徒代表の園田夏菜さん(15)が、学校やまちの紹介と歓迎の気持ちを英語でスピーチ。研修生を代表してチュ・チューさんは、学校側のおもてなしに感謝し「皆さんと楽しく交流をしたい」とあいさつ。その後、研修生と生徒は昼食を共にしながら会話を弾ませた。

 期間中は、発電・電気設備技術関係や免震設備、省エネ空調設備関係、ビール醸造関係、食品加工機械関係などの企業や施設の視察のほか、延岡市内や高千穂町の観光名所の見学、地元高校生や市民との文化交流など、さまざまなプログラムが計画。1日は市内の企業との商談会など。

 今回参加した研修生は、経営人材育成を目的にJICAの協力で設立されたミャンマー日本人材開発センター(MJC)で、経営管理研修を受講した企業経営者ら。7月25日に来日して東京、福岡でのプログラムを終えて延岡入り。5日間の滞在後は東京で研修のまとめや報告などを行い、4日に帰路に就く予定という。

 ミャンマーと延岡市の交流は、平成26年1月に同市の企業有志がミャンマーを訪問し、MJCの支援のもと同国の商工会議所連盟や経営者と交流したのが始まり。同市では、県工業会県北地区部会や延岡鉄工団地協同組合、延岡商工会議所、市が中心となって構成する受け入れ組織「延岡・ミャンマー友好会」が設立され、交流が継続、深化している。

 27年度には、延岡市の産業や観光などをPRするため、JICAや宮崎大学、MJCなどが連携し、地元企業経営者らがミャンマーを訪問。同大学が主催する国際会議の場で情報発信を行ったほか、ビジネスマッチングや産学官交流会などが開催され、現地企業経営者との親交を深めるなどしている。

その他の記事/過去の記事
page-top