【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

オーディションに10人合格

本紙掲載日:2016-07-30
9面
オーディションでマヂカルラブリーのインタビューに答える喜多さん

宝くじふるさとワクワク劇場−延岡

◆吉本新喜劇メンバーと共演へ

 「宝くじふるさとワクワク劇場in延岡」の地元出演者オーディションが7月23日、延岡総合文化センター小ホールであった。5歳から74歳までの延岡市民10人が応募し、全員が合格した。8月7日午後2時から同センター大ホールである同公演の第3部「ほのぼのコメディ劇場」に出演し、吉本新喜劇のメンバーと共演する。

 オーディションは公開で実施。お笑いコンビ「マヂカルラブリー」のインタビューに答える形で、応募した理由や意気込みを元気いっぱいに話した。中村進さん(ワクワク劇場作・演出)ら3人が審査した。

 10人が出演する第3部の台本は、8月の公演当日に渡され、休憩を含む2時間足らずの練習で本番になるという。

 50歳以上の市民でつくる劇団「のべおか笑銀座」のメンバーで「プロの方と共演できるのは年齢的に最後かなと思って応募しました」という喜多カツ子さん(74)=北浦町古江=は「受かってうれしい。当日どうなるかはさっぱり分からず、練習時間が短いので覚えられるか不安ですが、集中して頑張ります」と話していた。

【合格者】
野田愛莉(西階町)、吉田和(北浦町市振)、吉田大斗(同)、工藤翼(大貫町)、大山敏生(桜ケ丘)、池田綾子(緑ケ丘)、佐藤千恵美(愛宕町)、甲斐忠男(牧町)、甲斐キミ子(鹿狩瀬町)、喜多カツ子(北浦町古江)

◆笑って熱さ吹き飛ばそう−8月7日、延岡

 宝くじふるさとワクワク劇場in延岡は「お笑いオンステージ」「トーク『ふるさと、わが町あのひと、このひと』」「ほのぼのコメディ劇場」の3部構成。

 第1部には落語家の桂ざこば、漫才コンビの「ザ・ぼんち」「U字工事」、漫談のまちゃまちゃ、第3部にはチャーリー浜、末成由美らが出演する予定。

 また、第2部のトークには、北浦町海岸地区神楽保存会の運乗博喜代表と神楽に取り組む子どもたちが出演することが決まった。

その他の記事/過去の記事
page-top