【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

中学生も“先生”に

本紙掲載日:2016-07-28
2面
はげまし隊や学生ボランティアの指導で宿題に励む児童生徒

「はげまし隊」が勉強会−延岡・旭中

◆夏休みに苦手問題を克服

 学校支援ボランティア「はげまし隊」による勉強会「夏休みはげまし・応援タイム」が7月27日、延岡市の旭中学校(谷口史子校長、223人)であった。

 マンツーマンの指導で苦手な問題の克服につなげようと4年前から毎年行っており、昨年からは小中連携の一環として旭小学校の6年生児童にも参加を呼び掛けている。この日は算数に児童22人、数学と英語に1年生生徒延べ23人が参加した。

 このうち、算数・数学の勉強会では、旭化成OBを中心としたはげまし隊のメンバー10人に加え、中学2年生3人が学生ボランティアとして参加。夏休みの宿題を持ち寄った児童生徒が、分からないところをボランティアに質問しながら一緒に問題を解いていた。

 参加した旭小6年の日高拓馬君は「宿題を早く終わらせたかった。すごくはかどった」と笑顔。学校支援コーディネーターの松葉明美さん(53)は「今年は児童の参加が予想以上に多かった。苦手な問題の理解が進み、中学校への移行もスムーズになると思う」と話していた。

 また、はげまし隊リーダーの岡本保二さん(76)は「教える側の生徒にとってもいい勉強になったのではないか」とし、学生ボランティアで児童を指導した工藤亮弥君は「いままでこういう経験はなかった。教えるのは楽しいし、自分の復習にもなった」と話していた。

 勉強会は28日も開かれた。

その他の記事/過去の記事
page-top