【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

ゴーヤーの収穫ピーク−県北の農家

本紙掲載日:2016-07-28
3面
ゴーヤーを丁寧に収穫する富山さん夫妻

夏のスタミナ野菜


 夏バテ防止のスタミナ野菜の代表格で、宮崎ブランド「みやざきビタミンゴーヤー」の収穫作業が県北内の生産農家でピークを迎えている。

 延岡市北方町二股の農業富山達夫さん(78)方の15アール分の畑では、丸々と太った緑色のゴーヤーの実が鈴なりとなる中、早朝からの収穫後、選別、箱詰め作業に汗を流している。6月下旬に始まって9月末まで続くが、忙しい状況は8月上旬まで続く見込み。

 午前6時から約3時間、妻マツ子さん(72)と一緒に約25センチに成長したゴーヤー1本ずつをはさみで丁寧に切り取る。自宅でL(220〜250グラム)、2L(250〜300グラム)、3L(300〜330グラム)に選別して3キロ箱に詰め、JA延岡の高野選果場を通して県内外の市場へ出荷している。ピーク時の今は1日100箱を超えるという。

 ゴーヤー栽培20年のベテランで、JA延岡の勧めで取り組み始めた。品種は緑色が濃く、収量が多いという「つやみどり」。「今年は天候に恵まれ、近年にない豊作で最高の出来です」と笑顔が弾ける。「高齢なので今の栽培規模を維持しながら、健康な間は栽培に取り組みたい」と話した。

 本県のゴーヤーは、ビタミンCの含有量が全国平均より1・4倍も多く、夏バテ防止に最適な野菜として人気があるという。

その他の記事/過去の記事
page-top