【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

北九州〜大分〜宮崎−シーニック・バイウェイ総会

本紙掲載日:2016-07-27
1面
シーニック・バイウェイ研究会の総会

昨年以上の集客を−開通後の取り組み探る

 日豊海岸シーニック・バイウェイ研究会(橋本正恵会長)の平成28年度総会が7月25日、延岡市の道の駅北浦ミニシアターホールであった。蒲江道づくりを考える女性の会、きたうら風景街道推進協議会、両市の観光協会、国土交通省、市職員など約50人が出席。東九州自動道・北九州―大分―宮崎開通後、同研究会が果たすべき役割などを協議した。

 橋本会長が「10年前は全国で72ルート。現在は倍に増え、九州も14ルートになったが、私たちの『心と思い』はどこにも負けない。行政のバックアップに感謝し、これからも高い意識を持って活動に取り組みたい」とあいさつ。

 佐伯土木事務所の中村充宏次長は「北九州―大分―宮崎と大動脈が通じた。その効果を面的に広げることが大切。地域の道路ネットワークを拡充し、県境を越えたこの取り組みをさらに進めてほしい」と期待を込めた。

 事務局の国土交通省が日本風景街道の登録変更などの手続きについて説明した後、きたうら風景街道推進協議会事務局が「下阿蘇ビーチ」の一斉清掃など活動経過を報告。同ビーチは環境省が選定した「快水浴場百選」の海の部特選に九州で唯一選定後、同24年から同協議会員らが一斉清掃を実施しており、昨年度は日本風景街道の年間優秀活動賞を受賞した。今年の清掃は12日に北浦商工会、建設業協会北浦分会、町特産品開発協議会員、地区の少年野球チームのメンバーなど約100人が参加。同事務局は「九州一美しく、多くのお客さまが訪れるビーチをいつまでも保ちたい」などと報告した。

 また、延岡観光協会、佐伯市観光協会は、9月2日から実施する「東九州伊勢えび海道」の概要やスタンプラリー、フォトコンテストなど関連行事を説明。両会とも「東九州道の北九州―宮崎開通を契機に、昨年以上の集客を目指したい」と抱負を語った。

 シーニック・バイウェイは、「景観がよい」(シーニック)「寄り道」(バイウェイ)という意味。日本では風景街道と訳される。

 日豊海岸シーニック・バイウェイは、全国に138ルートある日本風景街道の一つ。蒲江―北浦の地域活性化を目的に平成19年度に登録。約30の民間団体と国、県、市の関係機関が参加。官民連携事業で、佐伯市と延岡市の「海業ツーリズム」を推進するPR活動や「東九州伊勢えび海道・伊勢えび祭り」開催、キャラバン隊による広報活動などを展開している。

その他の記事/過去の記事
page-top