【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

十両・琴恵光、初勝ち越し

本紙掲載日:2016-07-27
1面
琴恵光関

大相撲−秋場所の目標、2桁の勝ち星

◆「うれしくて力が抜けそうでした」

 大相撲名古屋場所を9勝6敗の好成績で終えた延岡市出身の十両東14枚目の琴恵光関(24)=柏谷充隆、佐渡ケ嶽部屋=が帰郷し7月26日、今場所の感想や秋場所への抱負を話した。

 3度目の十両。結果を出したい場所ながら序盤は苦戦。7日目まで3勝4敗と黒星が先行した。しかし、8日目から立ち合いから圧倒する取組が多く、13日目に勝ち越し。さらに千秋楽も勝って自己最高の勝ち星を挙げた。

 場所後の佐渡ケ嶽部屋の納会に出席した延岡後援会の稲田義美会長によると、佐渡ケ嶽親方は、「秋場所(東京)で何番か勝ち越して、九州場所に臨めば、幕内の話が出るかな。それが楽しみですから、しっかり頑張らせます」と話していたという。

 琴恵光は平成19年3月初土俵。同26年11月場所で十両に昇進。同27年3月場所に再十両で、これまで2度の十両はいずれも負け越しだった。今回の帰郷は十両だった祖父松恵山(本名・柏谷邦治)さんの墓前にうれしい勝ち越しを報告するため。

 名古屋場所の感想、来場所の抱負などは次の通り。

◇相手に意識させるためパターン変え立ち合い

−−十両で初めての勝ち越しです。

13日目に旭秀鵬をおしだしで勝ち、勝ち越しを決めた瞬間はうれしくて力が抜けそうでした。説明しづらいんですが…、何も考えられなかったですね。今場所で一番うれしい瞬間でした。
土俵際で相手を投げての勝ち星もありました。この相撲はあまり良くなかったと思うのですが、それだけ体が反応できているという点では良かったかなと思います。
3度目の十両で前の2度の十両では硬くなっていましたが、今回は楽しみながらやろうと、気持ちを変えて臨みました。圧力や馬力が付いてきたという実感もあったので、自分がどれぐらい強くなったか力を試してみたかった。それも自信になりました。

−−前半は黒星が先行しました。

負けた取り組みは、まわしを取らせてのパターンだったので、取らせないように意識しました。それ以降はまわしを取らせていません。
中日以降は作戦で立ち会いを変化させました。その場の勝ちだけを考えるのではなくて、中日までそういう相撲を見せることが必要だと考えたからです。
立ち会いに変化があると相手に思わせると、押し相撲タイプの相手も迷いを抱いて8ぐらいの力で来る。自分はまだ小さいので全部の力士が10の力で来られると辛いのですが、相手が迷って8の力で来たときに、自分が10の力を出し切れば勝負できます。
そう考えて、立ち会いでは右、左、もろ手と変化させました。何が通用して何が通用しないのかを、今場所では経験しておきたかったからです。

−−体が一回り大きくなった印象を受けました。

筋肉が付いて135キロぐらいになりました。大関(琴奨菊)とタイヤを押したり引いたり投げたりといったトレーニングを、自分ではジムで機械を使ったトレーニングの2本立てでやっています。それに稽古を重ねて少しずつ筋肉が付いてきました。
大関とは体幹トレーニングも一緒にやってました。その成果で相手から崩されても(土俵に)残れる。それが前に出る力にもなって、意識しなくても自然と力が出せるようになりました。
色が黒いのはジムで焼いたからです。これでもずいぶんさめたんですが、最初はめちゃくちゃ黒かったんで自分でも大丈夫かなと思ったくらいでした。

◇ルーティーンが好結果に

−−土俵に上がるまでルーティーン(同じ手順、動作)を実行していたと聞きました。

かなり意識してやりました。会場に着いて、準備運動から始めますが、ルーティーン化していないと、(悪いイメージなどを含め)いろんなことを考えてしまいます。それをなくすために決めたことだけをやる。心のブレをつくらないように、大関(琴奨菊)のやっていたルーティーンをまねしました。
佐渡ケ嶽部屋では一度関取になった力士は付き人にはならないのですが、大関からの指名があり、今年1月の初場所で優勝した大関の付き人をさせてもらったのが大きかったですね。
ストレッチの順番やトイレに行くタイミング、まわしを締めて四股を踏んですり足をする、土俵に上がって下りるまで、大関を参考にさせてもらいました。今場所は大関は途中休場でしたが、休場するときに「後は頼んだぞ」と言われたのも心に響きましたね。
体のケアも大関を見習って毎日やっていたおかげで、けがをせずにいい相撲が取れたと思う。

−−これまでと今場所の違いは。

去年の九州場所は視野が狭くなってワンパターンの取り口になっていました。今回はいろんなバリエーションを試しながらやると決めていました。それができた場所でした。

−−9月の秋場所に向けての抱負を。

今場所の目標は10番以上勝つことでした。来場所は、届かなかったその1番です。目の前のことを一つずつやっていけば必ず上に上がれると思っています。今は自分の課題を克服するだけ。2桁を目標にまた頑張っていきます。今回初めての勝ち越しでしたが、少しずつですけど上に上がって行くので応援をよろしくお願いします。

その他の記事/過去の記事
page-top