【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

「孤食」の緩和を−こども食堂のべおか

本紙掲載日:2016-07-26
3面
カレーのトッピングを選ぶ子どもたち
みんなでにぎやかに食事をした
「こども食堂のべおか」の連絡先入り木札

第1回プレオープン−にぎやかに夕食

 こども食堂のべおか(峰田知恵子実行委員長)の「第1回プレオープン」が22日、延岡市幸町の九州保健福祉大学地域連携センター(ココレッタ延岡2階)であった。

 一人親家庭や共働きの増加に伴い増えている子どもの「孤食」を緩和する活動だが、初回は「まずは多くの人に知ってもらうことが大事」と対象者を限定せずに実施。地域の小学生や親子が訪れ、スタッフやボランティアの大学生と一緒に、にぎやかに夕食を取った。

 メニューはカレーライスまたはカレーうどんとフルーツポンチ。カレーはナス、カボチャ、オクラなど自分の好きなトッピングが選べて野菜たっぷり。米、EM豚、野菜、漬物など寄付された食材と、寄付金で購入したカレールーで調理し、約60食を無料で提供した。

 開場は午後4時。子どもたちは九州保健福祉大学の学生たちや子ども同士で遊んだ後、手を洗ってきて、同5時にみんなで「いただきます」。「おいしい」と言いながら頬張った。「こういう食堂があるのはいいと思う。ほかのみんなにも教えたい」と話していた。

 同実行委は口コミでの情報拡大を狙って、参加した子どもに連絡先入りの木札を配った。

 こども食堂は、大人の事情で、夕食にパンやコンビニ弁当を一人で食べることの多い子どもに、大人数で食べて憩える場所を提供する取り組み。延岡市内では2団体が活動を始めた。

 「のべおか」は、山下新天街内の今山鳥居横の空き店舗兼住宅を活用して開設予定。8月21日にはこの住宅で「第2回プレオープン」を行う。開場時間は同じ。

その他の記事/過去の記事
page-top