【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

“日向の太陽”次の頂へ−富島・木村

本紙掲載日:2016-07-25
9面
【準々決勝・富島―宮崎大宮】2回、二盗を刺す木村

第98回全国高校野球選手権宮崎大会・スポットライト

 「中川さんに声を掛けてもらい、霤沈萓犬暴于颪ぁ¬邉經僂変わった。みんなと野球して本当に楽しく、ここまで来られたのは保護者の方々のおかげ。甲子園に連れて行けず、すみませんでした」。泣くつもりはなく終わるつもりだったという木村の頬に涙が伝った。

 大王谷中時代に県選抜の4番捕手。当然、強豪私立からも声がかかったが、選んだのは小学校時代からの恩師中川コーチの元だった。

 入学すぐに4番捕手を任され、試合に出続けた。3年春の延岡星雲戦では左肩(脱臼)を痛めながら適時打するなど、中心選手としての責任を全う。「明るく社交的な天響がいたから、ほかの選手とも仲良くなれた」とは河野竜。全員で戦う今の礎も築いた。

 敗れて「去年まで先輩たちを勝たせてあげられず、先輩たち特に心の支えになってくれていて、去年の夏出られなかった荒竹さんのためにも頑張りたかった」。

 本人は一切言い訳をしなかったが、父によると夏直前、右肩に血行障害。懸命の治療で状態は悪くなかったが、振り込み不足もあって、打撃で本来の力を出し切れなかった。

 最後まで富島の真ん中にいた木村。相手の攻撃後に、バットを拾い手渡す姿を県北そして県内の捕手が見習うように。「木村がいるから富島を応援したくなる」と他校の指導者も魅了する“日向の太陽”だった。

 プロからも注目されているが、「一番最初に評価していただいた」。志望届は出さずに、東京の社会人に進む木村らしい選択。「この悔しさは今後、野球人、人として成長するために忘れたらいけないもの。支えてくれた人たちの思いを背負い、都市対抗の優勝。そして、上(プロ野球)を目指してやっていきたい」。変わらない真っ直ぐな瞳で次の頂を見据えた。

その他の記事/過去の記事
page-top