【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

市長に意気込みなど語る

本紙掲載日:2016-07-25
2面
意気込みなどを話す左から佐藤さん、甲斐さん、井出ノ上さん

インド国際子ども村へ−延岡市から参加の3人

 延岡市からインド国際子ども村「ハッピーバリー」の平和キャンプに参加する恒富中学校3年の井出ノ上知穂さん(15)、聖心ウルスラ学園聡明中学校3年の佐藤優希奈さん(14)、延岡学園尚学館小学校4年の甲斐翔瑆さん(9)が7月22日、首藤正治市長を訪問し、意気込みなどを語った。

 同キャンプは、発展途上国訪問を通じ、世界的な視野と考え方ができる子どもを育成し、地域の国際化に貢献することが目的。今回で25回目。3人は、27日から8月9日の日程でインド・バンガロール市などを訪れる。

 現地では、ホームステイやハッピーバリーなどで宿泊しながらマイソール宮殿見学やマザーテレサの施設、元駐日インド大使宅の訪問、バンガロール市内見学などでインドの文化などを学ぶ。将来3人は医療従事者を目指しているため、行程には病院見学も計画されている。

 市役所には3人のほか、保護者やハッピーバリー日本本部代表の大神のりえさん、事務局長の戸高豊文さんらが随行。

 井出ノ上さんは「不安はあるが、いろいろ学べるから楽しみ」、佐藤さんは「初めてのインドは緊張するが、多くの人としゃべりたい」、甲斐さんは「日本で経験できないことがインドにあるのでドキドキ」と話した。

 大神さんは「いろんな目で、いろんなことをよく見てほしい。緊張せずに自由な気持ちで過ごしてほしい」。首藤市長は「いろんな角度から物事を見ることが大切。インドでしか見られないものを見てきてほしい」と激励した。

その他の記事/過去の記事
page-top