【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

梅雨豪雨被害−林業8億円

本紙掲載日:2016-07-23
1面

農水産業6億7千万円−県内

 県は7月21日、梅雨前線豪雨に伴う本県の被害額を明らかにした。県北部で被害が目立ち、農水産業(6月19〜21日)は6億7215万円、林業関係(7月14日現在)は8億1216万円に上った。県議会環境農林水産常任委員会(右松隆央委員長、8人)に報告した。

 農政企画課によると、農作物は全体で499万円。そのうち、水稲は西臼杵3町と高原町で土砂流入などがあり147万円、施設は4市町でハウス資材の破損など182万円だった。

 農地は五ケ瀬町で田畑ののり面崩壊が相次いで3億2100万円。農業用施設はため池の崩壊など、五ケ瀬、高千穂町などで3億4600万円の被害。水産関係は高千穂町のニジマス養殖被害など16万円だった。

 環境森林課によると、林業は11市町村の50カ所。林地は五ケ瀬町や諸塚村など県北を中心に山腹崩壊があり、4億5440万円。人的被害はなかったが、五ケ瀬町の波帰生活改善センターに土砂が流入した。国に災害申請を予定している。

 治山施設は延岡市や椎葉村、宮崎市で山腹工事を施工したカ所が壊れ、2000万円。林道施設は県北を含む7市町村の26路線でのり面や路肩が崩壊し、3億3653万円に上った。小林市のひなもり台県民ふれあいの森では落雷で給水施設や配電盤などが壊れ、123万円の被害があった。

その他の記事/過去の記事
page-top