【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

富島続く100年の夢−吉田安定打線上り調子

本紙掲載日:2016-07-22
9面
8強進出を決め校歌を歌う富島の選手たち

第98回全国高校野球選手権宮崎大会

◆7月22日大宮と準々決勝

 第98回全国高校野球選手権宮崎大会は21日、宮崎市のKIRISHIMAサンマリンスタジアム宮崎で3回戦3試合があり、佐土原、宮崎工、宮崎日大が勝ってベスト8が出そろった。県北勢は投打に安定している富島が唯一勝ち残り、学校創立100年に甲子園へという夢は続いている。

 県高野連関係者も「記憶にない」という開幕から3日連続の雨天中止で始まった大会。ここまでコンディション調整も難しく、逆転など終盤まで分からない試合が続いた。

 内容は第1シードの日南学園が頭一つ抜けている印象だが、県ナンバーワン投手を擁した第3シード都城を宮崎商が撃破。昨年優勝の宮崎日大が投打に力強さを見せるなど、ノーシードからの勝ち上がりも目立っている。

 その中で第2シード富島は、初戦で難敵の日章学園を7―6で振り切ると、3回戦は高鍋農を投打で上回り7―2できっちりと準々決勝に進んだ。

 2試合のみだが、打率4割1分5厘。初戦は疋田、3回戦は幸津が2本ずつなど長打8本で、打撃陣は上り調子だ。

 投手陣では主戦、吉田の安定感が増した。〃夏仕様〃の打たせて取る投球も披露し、14回を投げ四死球は5。自責点4とけん引。2試合ともを締めた黒木彰は球威が増しており、自責0と役割を全うしている。

 一方、打線は合わせて残塁が20。失策も3で、走塁の細かいミスもいくつか。ただ、霤調篤弔蓮嵜換修─考え方の部分」と心配しておらず、逆に引き締めるプラス要素の側面もありそうだ。

 4強を懸ける相手は、宮崎大宮。思い切った打撃、走塁を持ち味に3回戦で第7シード聖心を破り、勢いは十分。だが、攻守ともに地力は富島が上回る。落ち着いて試合を進められれば、勝利の可能性は高い。

 そして準決勝以降は、強敵ぞろい。準決勝は強打を軸に勢いに乗る宮崎商と、個の能力は高い宮崎日大の勝者。一瞬も息の抜けない試合が続くが、「いろんな人の気持ちを背負い戦っている」とは遊撃手の日睥福100年の夢へ、一歩ずつ駆け上がる。

その他の記事/過去の記事
page-top