【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

開始を検討−卓球プログラムを体験

本紙掲載日:2016-07-21
2面
ボールの扱い方を指導する内藤さん(右)

スペシャルオリンピックス・延岡

 知的発達障害者のスポーツ組織、スペシャルオリンピックス(SO)日本・宮崎のコーチクリニック(研修会)が18日に延岡市であった。認定コーチの育成と資格更新が目的。水泳と卓球の2種目に、アスリート(障害者)を含めて72人が参加した。

 卓球競技は県内ではまだ行われていない。アスリートの参加希望者が多く、コーチやボランティア、場所を確保できれば立ち上げたい考え。

 この日は、熊本市在住のSO指導者内藤邦子さんを講師に迎えて、ボランティア21人、アスリート5人が卓球プログラムを体験した。

 アスリートを理解するための座学の後、午後から実技があった。ウエアや履物に関する注意に始まり、ラケットの持ち方やラケットバウンド、ボレー、サーブなどの指導方法を学んだ。

 ラケットバウンド(30秒間にラケットの上で球を何回バウンドさせられるか)をする時は、時間を計る係、回数を数える係、落球後すぐに次の球を渡す係として、アスリート1人に対し3人のボランティアが必要。

 ボレーの練習は5球で1セット。「1球目」「2球目」と言いながら球を出してリターンできたら1点とする。アスリートが初心者の場合はネットの近くから球出しをする。

 サーブは、左手で投げ上げた球を、ラケットで上からたたきつける練習をすると、感覚をつかみやすい。最初は卓球台から離れた所でこの練習をして、徐々に近づいていく−−など。参加者はそれぞれ役割を決めて練習した。アスリートは初めての卓球を楽しんでいた。

 スペシャルオリンピックスは、知的障害者の社会参加促進を目的に、日常的なスポーツトレーニングと競技会を提供する国際的なスポーツ組織。世界大会も4年に1度開かれる。ボランティアが競技の指導や運営を行っている。

 県内では現在、ボウリングやゴルフ、水泳、陸上、サッカー、バスケットボール、スノーシューイングの7種目、県北地区ではバスケットボールを除く6種目のプログラムを提供している。アスリートやコーチ、一般ボランティアを随時募集している。

その他の記事/過去の記事
page-top