【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

宮崎の魅力アジアへ

本紙掲載日:2016-07-21
1面

東九州の観光・グルメ紹介

◆MRTが制作・台湾などでレギュラー放送

 MRT宮崎放送(津隈佳三社長)は7月20日、台湾のケーブルテレビ局「東森電視」と提携し、7月末から宮崎、大分県の観光地などを紹介するレギュラー番組をアジアでスタートさせると発表した。県庁で記者会見した津隈社長は「熊本地震に負けない元気な東九州を伝えることで、アジアからの旅行者誘致や県産品などの販路拡大につなげたい」と述べた。

 53分間の番組名は「夢多(モンド)のディスカバー東九州」。宮崎市出身のテコンドー元日本代表で、現在は台湾で主に俳優として活躍中の大谷夢多さん=本名・主水(36)が来年6月末までの1年間、両県の人気観光スポットやグルメなどを紹介する。県内企業の商品プロモーション枠も設ける。

 放送はアジア最大のメディア東森電視を通じて月に5回、台湾や香港、シンガポール、インドネシアなどで流される。初回は30、31日の2日間、高千穂町が取り上げられる。9月は延岡市と日之影町、10月は日向市と門川町、入郷地域が予定される。MRTも開局60年を機に始めた「ココから照らす」プロジェクト番組として毎月1回放送予定。

 記者会見に同席した東森電視のマイケル・チェン副社長は「1千万世帯以上の視聴が見込まれる。大谷さん人気と相まって必ず宮崎の魅力がアジアに伝わり、多くの人が訪れるだろう」と期待を寄せ、大谷さんも「プレッシャーはあるが、宮崎県人の誇りを持って頑張りたい」と意気込んだ。

 また、両県でつくる東九州広域観光推進協議会会長の武田宗仁県観光経済交流局長は「台湾からの観光客誘致に力を入れようとしている矢先にこのような番組を作っていただき、ありがたい」と感謝した。

その他の記事/過去の記事
page-top