【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

水遊びには注意を−延岡市消防が救助訓練

本紙掲載日:2016-07-21
3面
延岡市消防署の水難救助総合訓練(延岡新港)

 水辺でのレジャーが増える夏休みを前に、延岡市消防本部と消防署は7月11、13日、同市新浜町の延岡新港で水難救助総合訓練を実施した。

 車が港から海中に転落したとの想定で開始し、岸壁から捜索していた陸上隊員が、海面で助けを求める男性を発見。潜水隊員が泳いで助けに向かい、岸壁からは救命索発射銃でロープを発射、先端の浮きが膨らむと、それをつかんだ男性を引き上げた。

 男性が「沈んだ車の中に子どもがいる」と話したため、救助工作車のクレーンで救助艇(ボート)を岸壁から海につり下ろして探索に出動した。

 海中で子ども(人形)を発見した潜水隊員は、目印のキャッチバックを膨らませて浮上させ、救助艇に位置を指示。子どもを抱いて海面まで上がり、待ち構えた救助艇に引き上げた。

 訓練を統括した山内良昭消防署長は、「昨年は水難が(市内で)3件発生し、遊泳中の事故はなかったが、今年はすでに尊い若い命が失われている。これから水難事故が発生しやすい時期を迎えるので、体調管理に努め、市民の安全安心を守ってほしい」と隊員を激励した。

 水難救助訓練は毎年6月から、潜水士の健康診断、市消防本部内にある潜水訓練施設での訓練、救命索発射銃の訓練、海での潜水訓練と段階的に取り組み、その集大成として総合訓練を実施している。

 延岡は海や多くの河川を有し、毎年のように水難事故が発生。市消防署は水難救助に特化した県内トップレベルの潜水隊を組織し、冬場も含め年間を通して訓練している。

その他の記事/過去の記事
page-top