【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

被災地に学ぶペットの防災−延岡

本紙掲載日:2016-07-19
3面
「被災地に学ぶペットの防災対策」について語った九保大の加藤謙介氏(延岡総合文化センター)

九保大の加藤氏が講演−同行避難を考える

 ペットの防災や災害時の同行避難を考える講演会「被災地に学ぶペットの防災対策」(山口獣医科病院主催、夕刊デイリー新聞社後援)がこのほど、延岡市東浜砂町の延岡総合文化センター大ホールで開かれ、九州保健福祉大学社会福祉学部講師の加藤謙介氏が、熊本地震被災地の状況や、飼い主とペットの防災・減災などについて語った。

 4月16日から熊本県益城町の避難所を中心に、避難者とペットへのボランティア活動を続けている加藤氏は、まず被災地の状況を説明。避難所となった同町体育館にペットを連れた避難者の姿もあったが、「周りを気にして車中泊や、倒壊の恐れがあるにもかかわらず自宅での生活を選択する被災者もいる」と話した。

 現地では迷子のペットが多いと聞き、迷子札を配布したり、ペットの名簿を作成するなど支援。写真を撮影してあげると、「思い出になる」と喜ばれたという。

 一方で、避難所でのペット同居が禁止になったり、テント村の撤退で避難者とペットの「家」と「居場所」がなくなる現実も。同町体育館の敷地内に犬や猫を預かる「わんにゃんハウス」が開設されると、「犬、猫、飼い主が本当に穏やかで、避難している場所であることを忘れるほどだった」「次の一歩になるための居場所となれば」と期待した。

 災害への備えに関しては、「『想定外』という言葉はあるが、災害が起きれば人もペットも被災する。備えは必要」と話す。自ら備える「自助」の部分で、しつけなど適正飼養やペットの生活必需品を多めに用意しておくなど、飼う上で日常的にしていることを防災・減災のポイントに挙げた。

 環境省が定義している「同行避難」は、避難所での人とペットの同居を意味するものではなく、飼い主がペットを同行し、避難所まで安全に避難することを意味する。同省はまた、「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」の中で、動物愛護や人への危害防止、生活環境保全などの観点から、災害時の同行避難を推進している。

 「共助」の部分で加藤氏は、「自分たちのまちでは、どのような同行避難の形が必要かを考えておくことが重要」とし、地域の防災訓練にペットを参加させることで反応や、地域住民の理解度、役割分担を確認できる効果に期待する。

 「『災害時には動物よりも人が優先されるから』と言われるが、熊本地震の被災地では、必ずしもそうではない」と強調した加藤氏。「ペットをサポートすることが被災者を支援することにつながる」と、災害対応におけるペット救援の意義を語った。

その他の記事/過去の記事
page-top