【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

古代の航海術とは−日向

本紙掲載日:2016-07-19
3面
古代の航海カヌーについて学ぶ参加者
古典フラも披露された

海とふれあうサマースクール

◆小中学生30人が学ぶ

 「海の日」を記念した「海とふれあうサマースクール」が7月18日、日向市細島の道の駅ほそしま駐車場であった。小中学生ら約30人が参加し、星や海流など自然のサインだけで海を渡る伝統航海術を学んだ。

 高鍋以北の沿岸6市町でつくる県北部地区「海の日」協賛会が、日向市のNPO法人日本航海協会(奥知樹理事長)の協力で開いた。

 伝統航海術は、近代計器がない時代にポリネシア、ミクロネシアの先住民が発達させた航法技術。独立行政法人海技教育機構の練習船「海王丸」航海士の我妻三耶子さん(27)が、手を使って星の角度を測る「スターナビゲーション」の方法などを説明した。

 また、西太平洋の島国パラオから三重県に贈られ、協会が修繕作業を進めている古代の航海カヌーを展示。南山大人類学博物館に勤務する如法寺慶大さん(30)が、片側だけ浮木をつけた「シングルアウトリガー」と呼ばれるカヌーの構造などを解説した。

 同協会は来年、カヌーによる沿岸航海を計画している。スクールに参加した宮崎日大高1年の森川玲音さんは「海が好きで古代の人がどうやってハワイまで航海したのか興味があった。実際にカヌーにも乗ってみたい」と話していた。

 オープニングには同市北町のフラスタジオ「マカニオルオル」(岡山睦子主宰)の生徒28人が出演。自然の神様に感謝する古典フラを披露した。

その他の記事/過去の記事
page-top