【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

手堅い野球最後まで−富島

本紙掲載日:2016-07-18
11面
【2回戦・日章学園―富島】富島は2回2死二、三塁、疋田が右中間へ2点適時二塁打を放つ

第98回全国高校野球選手権宮崎大会・ハイライト

◆攻撃のリズムつくり、生かす

 九回1死満塁でマウンドに上がった黒木彰真。最初の打者に長打を浴びて一気に1点差まで詰められたが、「みんなの夏を終わらせるわけにはいかない」とそれ以上の得点は許さず。最後は左飛に打ち取り、「今まで生きてきた中で一番ホッとした」と白い歯をこぼした。富島史上最強のチームは冷や汗ながらしっかり発進した。

 10安打で7得点。犠打を積極的に活用し効率良く点を奪った。「雑に攻めて相手に流れをやりたくなかった。うちらしいきっちりとした野球ができた」と霤津亟篤帖1死からでも走者を送る手堅い野球が結果につながった。

 象徴的だったのは、無安打で好機をつくった二回。敵失と四球に二つの犠打を絡めて2死二、三塁。ここで左打席に入った主将の疋田俊が「(1死一、二塁からの犠打に)霤調篤弔託してくれたと感じた。主将としてチームに勢いを付けるためにも思いっ切りいった」。期待に応えて、内角高めに来た最初のストライクを右中間へはじき返した。

 六回にも1死一塁から森川達博が犠打を決めて2死二塁とし、粟田祥人が狙っていたというチェンジアップを捉えて一塁線を破る適時三塁打。続く木村天響も三塁強襲の適時打を放ち、結局これが決勝点となった。

 「緊張はしたが自信はあった。それだけ練習してきた」と選手たち。試みた6回全ての犠打を成功させ、自分たちで攻撃のリズムをつくり、それを生かした。

 霤調篤弔蓮峭況發魯ぅ瓠璽個未蠅世辰拭最後の守備でしびれる場面を経験できたのは大きい。最後まで何があるか分からないのが夏。挑戦者の気持ちで戦う」。疋田は「自信がつく勝ち方だった。夏は最後まで諦めないチームが勝つ。そこを徹底していきたい」と引き締めた。

◇吹っ切れるしかない−粟田(3安打2打点)
「初戦で緊張していたが、吹っ切れるしかないと思って全力で戦った。調子は良かったのでいいイメージで打席に入れた。間を抜く、強い打球を打つという意識が良かった。今後も楽な試合は一つもない。挑戦者の気持ちで戦いたい」

◇次も攻めの投球を−吉田寛輝(主戦右腕。先発し7回3失点)
「チームを勝利に導く投球ができた。腕も振れていたし、ストライク先行でいけた。大事な場面でギアを上げることもできた。野手陣が先に4点を取ってくれたので楽に投げられた。本当にありがたかった。次も攻めの投球をしたい」

その他の記事/過去の記事
page-top