【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

日帰りツアーの商品を

本紙掲載日:2016-07-16
1面
北浦臨海パーク「きたうらら海市場」隣の「牡蠣屋」で、海鮮の浜焼きを味わう参加者

ひむか日豊海岸協が売り込み

 県北の海岸沿いを訪れる日帰りツアー商品をつくってもらおうと、ひむか日豊海岸観光推進協議会(山本達雄会長)はこのほど、県内の旅行会社や雑誌社を招いてモニターツアーを行った。宮崎市、都城市、西都市から29人が参加した。

 同協議会は延岡市、門川町、日向市の観光協会で平成25年に組織。モニターツアーは毎年2回行い、九州の他県や四国の旅行会社に売り込みをしているが、今回は「灯台もと暗しで県民は意外に県内のことを知らない。県北地区の良さを県内の人たちに知ってもらいたかった」と山本会長。

 ツアーは宮崎駅発着、延岡市の離島島野浦を巡るクルージングを楽しんだ後、北浦町古江でイワガキなど海鮮の浜焼きを昼食で味わい、門川町ではアジサイが満開の桃源郷岬、日向市では、さざれ石や「昇り龍」が見られる大御神社と日向岬の馬ケ背を訪ねるコース。

 全日空宮崎支店の池田晴彦支店長(52)は「島野浦クルージングはとてもダイナミックでアピール度が高い。海産物を中心としたグルメも売りになる。この地域の魅力が知られれば、高千穂の観光客を熊本でなく宮崎空港に向けることができるので、もっと情報発信してほしい」。

 都城市から鹿児島や熊本方面への日帰りバスツアーを主に企画しているアレンジトラベル(都城市)の中山忠彦社長(50)は「県北地区への日帰りツアーをつくりたいと思って参加した。クルージングができ、新しい施設(北浦臨海パーク)もあるのでいいと思う。都城から2時間半という時間的距離もちょうどいいのではないか」と話していた。

その他の記事/過去の記事
page-top