【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

未来のために“人財”育成

本紙掲載日:2016-07-15
1面
記者発表で意気込みを語る専任講師の齋藤潤一さん(右)

日向市が今年度新設−ドラゴンアカデミー

◆若者のチャレンジ応援−5回講座受講生募る

 未来の原動力となる新たな人財を育てようと日向市はこのほど、若者に地域ビジネスの創出や資金調達の手法などを学んでもらう人財育成講座「日向ドラゴンアカデミー」を今年度新たに開講した。若者のチャレンジを応援し、市内での起業などにつなげていく。現在、8月27日から始まる各講座の受講生を募集している。

 「昇り龍のように地域から昇りゆく人財を育てたい」との思いから、講座名に「ドラゴン」を付けた。県内外で地域ビジネスの創出に取り組んでいる齋藤潤一さん(NPO法人まちづくりGIFT代表理事)を専任講師に、8月から12月まで計5回開く。

 20〜45歳の若者を対象にワークショップや先進地視察などを通し、地域課題の解決のための新たなビジネスを計画、実行していく。具体的には、日向地域特産のヘベスのリブランディング(ブランドの再構築)に取り組むという。

 同市は来年度以降も同アカデミーを継続していく考え。記者発表は9日に同市中央公民館であり、齋藤さんは「これまでに例のない超実践の講座になる。キーワードは『稼ぐ地域ブランド』と『小さな拠点づくり』。2020年の東京五輪に向け、『世界の中の日向』を発信していくためのプロジェクトも視野に取り組んでいきたい」と意気込みを語った。

 各講座とも受講無料。会場と時間は、9月の離島体験フィールドワークを除き、同市大王谷コミュニティセンターで午前10時〜午後4時。対象は20〜45歳の若者とし、市内だけでなく市外(特に入郷地域)からも受け付ける。応募多数の場合は日向市民、全講座を受講できる人を優先する。申し込み、問い合わせは同市地域コミュニティ課(電話日向52・2111)へ。

 各講座の内容は次の通り。

[8月27日]
地域ビジネス創出講座=齋藤潤一さん(NPO法人まちづくりGIFT代表理事)を講師に「稼ぐ地域ブランド」について学ぶ

[9月10、11日]
離島体験フィールドワーク=大岩根尚さん(環境学博士)を講師に、先進地である日本ジオパーク認定の鹿児島県三島村を視察する

[10月22日]
マーケティング講座=土屋有さん(宮崎大学講師)を講師に、地域資源をビジネスに変えるマーケティング手法を学ぶ

[11月12日]
クラウドファンディング講座=岡田拓也さん(ウェブディレクター)を講師に、インターネットを活用した資金ゼロから地域で稼ぐ手法を学ぶ

[12月3日]
プレゼンテーション大会=学習成果発表


その他の記事/過去の記事
page-top