【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

先行逃げ切り理想の形−星雲

本紙掲載日:2016-07-13
7面
【1回戦・延岡星雲―日南】2安打完封勝利を挙げた延岡星雲・田野
延岡星雲は3回、吉岡が右中間に2点二塁打を放つ

第98回全国高校野球選手権宮崎大会・サイド

◆打順の役割果たし集中打

 延岡星雲が完勝で4年連続の初戦突破。主将の山尾健斗は「先を見ず、初戦だけを考えていた。先攻し逃げ切る理想の展開で、突破できてうれしい」と会心の表情だった。

 「正直、延期でそれぞれのモチベーションは揺らいでいた」と山尾。だが、前の2試合で県北2校が敗れ、意地を見せようと活気づいて臨めたという。

 各打順が役割を果たしたのは三回。田野の安打から1死一塁で、斉藤一真は「2番だから、フリー打撃の時も練習して自信があり、ライン上を狙った」という絶妙なセーフティーバントを決める。

 3番の吉岡は今大会で6番から昇格。「期待される打順だから、それ以上の結果を出したい。好機だったから、自分でかえそうと、引きつけて右方向を狙っていた」。鮮やかに右中間を破った。

 勝負強い不動の中軸深田宗一郎、河野仁政も適時打で続くなど一挙5点。山尾は「後半、あと1点を取れなかったのが今後の課題」と話したが、この日の田野には十二分の援護になった。

 今後へ向け、斉藤は「(4強だった)県選手権は次を見てしまい敗れた。目の前の試合を全力で戦っていくだけ」と落ち着いた表情で話した。


◆田野、雨も「プラスに」−三塁踏ませず2安打完封

 延岡星雲が誇る左腕ダブルエースの1人、田野が快投。2安打完封で初戦突破に導いた背番号1は「いい当たりもあったが、バックが助けてくれた」とさわやかに笑った。

 県選手権で延学、宮工を完封した津島海成との二枚看板がチーム最大の武器。森監督は「精神力が強く、粘り強い」と、田野に1番と初戦の先発を任せた。

 雨で2日延びた試合だったが「プラスに捉え、緊張感より楽しみだった」と本人。課題という立ち上がりは制球に気をつけ、走っていたという速球で押す。

 2者連続三球三振など三者凡退で完璧に立ち上がる。二回の攻撃後には、雨で20分の中断も。だが、それもプラスに替え、「変化球を調整できた」。

 緩急自在の投球は森監督も「直球も変化球も打たれる球がなかった。素晴らしく良かった」と絶賛の内容。走者を許しても持ち前の粘りで打ち取り、三塁を踏ませなかった。

 次の宮崎商戦へ向け本人は「春に勝った相手だが、強くなっていると思う。それをはね返せるよう気持ちで負けないようにしたい」と語った。

その他の記事/過去の記事
page-top