【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

中玉トマトの収穫始まる−北方町上鹿川

本紙掲載日:2016-07-13
2面
鈴なりの中玉トマトを1個ずつ丁寧に収穫する西發気

寒暖差で色づき良好−延岡

 延岡市北方町の上鹿川地区で中玉トマトの収穫が始まった。同地区は、標高500メートルの山あいに位置し、日中と朝晩の寒暖差が色づきの良い高品質の中玉トマトを育てている。現在は4戸が計28アールで栽培しており、収穫作業は8月をピークに11月中旬まで続く。

 このうち、西眇義さん(62)は3年前、東京都内の会社を退職してUターン後、弟光義さん(57)から引き継いで栽培を始めた。「弟が畜産に専念するため、帰郷と同時に任されました。農業経験はゼロなので、弟のアドバイスを受け試行錯誤を繰り返しながら頑張ってます」と振り返る。

 収穫は毎日、所有する6アールのビニールハウスの中で、夜明けとともに始まる。品種は甘さと酸味のバランスがいい「シンディースイート」。大きさや色づき具合を見極めながら、鈴なりの実を1個ずつ丁寧に手でもぎ取る。

 収穫したものは自宅に持ち帰り、2L(41〜50グラム)、L(31〜40グラム)、M(21〜30グラム)の3サイズに選別し、1箱3キロずつに箱詰めして保管。生産者が交代でJA延岡の北方選果場へ持ち込み、宮崎市の市場へ出荷されるほか、一部は町内の道の駅「北方よっちみろ屋」やJA延岡産地直売所「ふるさと市場」(同市恒富町)にも並ぶ。

 西發気鵑蓮◆崘清箸呂垢戮銅分に跳ね返ってくるのでやりがいがある。今後はさらに技術を磨いて栽培規模を増やしていきたい」と意欲を見せている。

その他の記事/過去の記事
page-top