【お知らせとおことわり】

 夕刊デイリー新聞ならびにYUKAN-DAILY-WEBを
ご利用いただきありがとうございます。

 著作権保護のためWEBブラウザ上からの記事・写真の
ダイレクトプリントができないようになっております。
ご了承下さい。

 サイト内の写真は本紙に掲載されたものですが
本紙掲載分の写真については以下のような規定があります。


 夕刊デイリー新聞社は、本紙に掲載された写真の提供サービス(有料)をしています。

 スポーツで活躍した場面の写真、ステージでの発表会、さまざまな行事で新聞に掲載された写真をご家族の記念に保存されてはいかがですか?

 写真は本紙記者がデジタルカメラで撮影したもので、新聞紙上では白黒でも提供写真はカラープリントです。

写真のサイズと料金は次の通りです。

▽L  サイズ 1枚 200円
▽LL サイズ 1枚 300円
▽A4 サイズ 1枚 800円
(A4サイズはラミネート加工もできます。ラミネート加工は200円追加)


L  サイズ
(8.9×12.7センチ)
1枚 200円
LL サイズ
(12.7×17.8センチ)
1枚 300円
A4 サイズ
(21×29.8センチ)
1枚 800円
(ラミネート加工は200円追加)

 提供できない写真もありますので、まず、本社にお電話をください。
 掲載日などをお聞きし写真を確認した上で準備します。

 受け渡しは、本社または支社、支局に来社していただくことになります。
 写真によっては提供サイズが限られる場合があります。
 また、事件、事故、災害、選挙、肖像権に関係する写真や本社に版権のない写真は提供できませんのでご了承ください。

 写真は個人的利用に限ります。 印刷物などに用いることはできません。

 写真提供サービス開始とともに、これまでの貸し出しサービスは終了します。


 お問い合わせ、お申し込みは
 本社(電話番号 0982-34・5000、平日は午前9時−午後5時、土曜は午前9時−午後3時)へお願いします。

 

模擬選挙、8割が投票−高千穂高

本紙掲載日:2016-07-08
1面
模擬選挙で自主的に一票を投票する生徒(7日、高千穂高校)

自主性に委ね放課後実施

 高千穂町の高千穂高校(山口博範校長、371人)は7日、3年生を対象に第24回参議院議員選挙(10日投開票)を題材にした模擬選挙を行った。授業時間などではなく、あえて放課後に投票所を開設して投票を生徒の自主性に委ねた結果、8割を超える生徒が投票所に足を運んだ。

 模擬選挙は、県選挙管理委員会が参院選を題材に作成したプログラムを活用した。同校は6月下旬に県選管発行の選挙公報を生徒に配布。生徒は記載された候補者名や政党名、それぞれが掲げる政策や主張などを確認した上で、7日の投票に臨んだ。

 有権者としての意識を持って一票を行使する生徒の自主性を尊重。政治や選挙の知識や意義については、これまで主権者教育の授業などで教えているため、今回の投票に関しては必然的に強制力が発生する授業など時間などを避け、自発的行動に基づく投票環境を限りなく再現した。

 投票所については、校内の一室に実行委員の教諭らが設営。3年生には投票日時と場所だけが知らされていただけだったが、授業を終えた3年生は続々と投票所を訪れ、投票立会人や投票事務従事者を務める教師が見守る中、候補者名を記入した投票用紙を投票箱に投じていた。

 3年生113人のうち投票した生徒は92人で投票率は約8割。公欠や病欠を除くと約9割に上る。主権者教育担当の若松潤教諭(46)は、「生徒の自主性アップ、投票所設営など今回の模擬選挙に参加した教諭の指導力アップにもつながる。結果や課題を今後に生かしたい」と話していた

 参院選の有権者となった普通科の佐藤亨成さん(18)は「本番前の体験の意味で投票した。投票率も低下しているので、家族や友人に投票参加を呼びアップにつなげたい。待機児童や保育士不足を考えてくれる人に投票したい」。

 選挙権を手にするのはもう少し先だという普通科の齊家佐綾さん(17)は「国民としてしっかり考えて選ぶという責任を感じた。たかが一票、されど一票。投票権を得たら自分の意思を政治に反映させる意味でも投票に行きたい」と楽しみにしていた。

その他の記事/過去の記事
page-top